【飯伏幸太スペシャルインタビュー】≪完全版≫②DDTデビューからオスカープロ、そして内藤、ケニー、オカダ、中邑、棚橋についてその胸中を激白!!

imgp8233

◆オスカープロモーション所属!

山口:芸能事務所でもオスカープロダクションに入っていらっしゃいますが、オファーが来たときはどうでした?

飯伏:最初の形としてはDDTがオスカーに所属して、単独の契約ではなかったんですが、オスカーと契約したという意識が出たのは、二団体契約が外れても個人で契約できた時ですね。うれしかったです。これはチャンスだなと思いましたね。

山口:個人が認められてオファーが来ているということですから、とても嬉しいですよね。

飯伏:メチャクチャ嬉しいですね。

山口:ドラマの役が来たらどうしよう、とか考えました?(笑)

飯伏:いろいろ考えましたけど、何でもやろうという思いです。実際、映画に出たことで、プロレスの表現力というか、表現の仕方ですごくプラスになった部分がありました。

山口:演技の練習はやりましたか?

飯伏:演技の練習はほとんどなかったです。撮りながらやりました。

山口:他のレスラーでも、武藤さんが映画「光る女」で主演されてましたね。

imgp8267

柴田:コケましたね(笑)

山口:昔のプロレスラーって意外と映画に出てますよね?

柴田:だいたいのレスラーはうまくいっていないですけどね。

山口:飯伏さんは新しい感覚の人だから、本格的に映画もいけるんじゃないかな、って気がするんですけど、やりたい俳優像ってあったりしますか?

飯伏:俳優をやって、それをどうにかプロレスにつなげたい、という感じしかありません。俳優単独で、ではないです。

山口:NHKの大河ドラマに、K-1に出ていた武田(幸三)さんが出演してましたよね。現役選手でああいうのをやったりというのも、面白いですよね。

飯伏:フリーなので、できる状態ではあります。

imgp8174

山口:飯伏さんってファンクラブ作ってないんですか?

飯伏:いろいろなところから声をかけられるんですが、あえて作っていないんです。ホームページも、ファンからすればあったほうがいいんだけど、ちょっと違うのかな、って感覚です。

山口:DDTと新日はプロレスのスタイルが違う部分があると思いますが、その違いを言葉にするとどうなりますか?

飯伏:うーん……全く違うんですけど、プロレスの中だけで言うと真逆です。プロレスのスタイルとして真逆ですね。DDTのほうはお客さんが求めているものを一番に出すプロレスですね、触れ合ったりとか。新日本プロレスは新日本プロレスを出して、どうだ、と勝負する場所です。どちらも僕は好きなので。

 

◆内藤哲也率いるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンについて!

dsc_0365

dsc_0383

山口:もともとプロレスは幅広いですよね。これができるから2団体所属したという感じですよね。同世代の選手という部分では、飯伏さんから見たロス・インゴベルナブレスの内藤さんとはどういう感じですか?

飯伏:僕の中では、内藤さんは、数年前までは自分のほうがちょっと先を行っていた気がします。だけど今は、一気に内藤さんが先に行ってしまった。

柴田:行かれた感じある?

飯伏:この分を取り戻すための、「行ってくれている」って感じ。

柴田:簡単に追い抜きますよ、と。(笑)

飯伏:あとはどこで行くかというタイミングです。

山口:今の内藤さんとの絡みは見たいですね。飯伏さんとしても、今の内藤哲也は興味ある存在ですか?

飯伏:興味ありますね。

柴田:ロス・インゴのやり方って、飯伏さん大好きじゃない?

imgp8181

飯伏:どういう意味ですか?(笑) 入りたいってことですか?

柴田:スタイルというか、一線を引いていく感じは。

飯伏:好きですね。

山口:スイングしそうですよね。ああいう感じになる前から試合はスイングしていたと思うけど、ヒールとベビーの対立図式がはっきりして、余計面白い感じがします。

飯伏:たぶん噛み合うと思います。

7-79

 

⇒次ページ(ケニー・オメガ、オカダ・カズチカ、棚橋弘至、中邑真輔について)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4