【飯伏幸太スペシャルインタビュー】≪完全版≫②DDTデビューからオスカープロ、そして内藤、ケニー、オカダ、中邑、棚橋についてその胸中を激白!!

◆ライバルであり、元パートナーのケニー・オメガ率いるBULLET CLUBについて!

9-184

山口:ちなみに、ケニー(・オメガ)は飯伏さんのことを意識した発言をしてますよね。巷のうわさではBULLET CLUBで復活するんじゃないかって話も聞きましたけど、BULLET CLUBに対する印象はどうですか?

飯伏:僕、ヒールやったことないんですよ。12年やっているけど、ヒールレスラーとしてやったことは一度もないんです。そういう意味では、BULLET CLUBは、プロレスで表現する場所としてはありだと思います。興味はあります。

山口:ケニーのヒールチェンジはどう見ていますか?

飯伏:これはいいことだと思います。あいつも多分、本当にちゃんとヒールとしてやったことはなかったと思うので、このあと数年後、ヒール経験がプラスになりますよ。

山口:確実に引き出しの一つになりますからね。もしかしたら飯伏幸太の引き出しに、ヒールという可能性が眠っているのかもしれませんね。

飯伏:一度経験したい、とは思います。

imgp8192

 

◆オカダ・カズチカ、棚橋弘至、中邑真輔について!

9-209_r

山口:オカダ(・カズチカ)選手に対しての飯伏さんの認識はどんな感じでしょうか?

飯伏:会社からプッシュされていく人というのは、結構たくさんいます。それに乗れる人、乗れない人がいるんですが、オカダさんは頭もいいし、感覚もベストだったんでしょう、うまく乗れたのがすごいと思います。こういう人はなかなかいないんです。

山口:オカダ選手はまわりに認められた、という感じでしょうか?

飯伏:そうだと思います。その能力がすごいです。

山口:調和力のような?

飯伏:外だけではなく、身内側にもうまいですね。彼はいろいろ凄いですよ。話をしていてもわかります。

山口:飯伏さんとオカダさんは、控室で話をすることはあったんですか?

飯伏:いろいろ話しましたね。

山口:年齢もちょっとだけ離れてますよね。

飯伏:彼のほうが下ですけど、プロレスの話はしないですね。世間話とか。オカダ選手は誰にでも仲良くしてくれる人なので。普通にどうでもいい話をしますね。

7-8

山口:プロレスについて熱く語る相手って、新日にいましたか? 棚橋(弘至)さんとかはどうでしょう?

飯伏:棚橋さんとは、あまり話していないです。プロレスについても、あまり話していないです。

山口:肉体づくり、コンディション作りのアドバイスはありました?

飯伏:聞いたら答えてくれる、って感じです。話しかけるとすごく返してくれるんですが、僕もそんなにしゃべる方ではないから、あまり話していないですね。

dsc_0449

山口:中邑(真輔)さんはどうだったんですか?

飯伏:ひとりでずーっと話しかけてくれる(笑)

山口:中邑さんも頭脳派で、試合の作り方など、独自の感性を持っていますよね。それに飯伏さんも刺激を受けましたか?

飯伏:刺激を受けました。中邑さんや棚橋さんから、いろいろ盗んだ部分が大きかったです。

山口:刺激になった、ずっと頭に残っている言葉などはありましたか?

飯伏:棚橋さんは言葉よりも、試合以外の部分も含めて凄いなと思いました。イベントだったり芸能活動を含めてですね。

山口:休まないですよね。

柴田:一時期「神」って言ってたよね……

飯伏:そこは今でも変わらないですね。神です。

山口:中邑さんはどうですか?

飯伏:中邑さんは……本当に感覚だけで生きているんだと(笑) 棚橋さんと中邑さんは本当に真逆のタイプですね。

山口:哲学者というか、プロレス哲学を持っているような感じですね。

飯伏:そうですね。だけど感覚なので、わからないんです。何を言っているかわからないことが多くて(笑) でも、「なんか、なんか分かるな、それ」ってことを言ってくれるんです。

山口:「滾ってる」とか、そんな感じで。

飯伏:(笑)中邑さんは本当に感覚です。

柴田:僕らから見ると、飯伏さんは中邑さんに近い気がします。

飯伏:ああ、中邑さんのほうなんですね……。そうかもしれないです。

山口:なんとなくですけど、リング上は棚橋さんのタイプだけど、性格や狂気性は格闘寄りというか、中邑さん寄りじゃないかと思います。

飯伏:そうですね。見て影響を受けたプロレスがきっと近いんじゃないかと思います。だからプロレスが噛み合うんだと思います。

柴田:ベストバウト取りましたね(2013.8.4 G1クライマックス公式戦)。

imgp8176

山口:あのときも、死ぬんじゃないかなってえぐい攻撃が……

柴田:お互いひどいことしてたよね。よく生きていたよね……

飯伏:あれが初対決で、初ベストバウトでしたね。

山口:あの試合を振り返ってどうですか?

飯伏:あのときは、全然緊張していなくて、お互いにだと思うんですけど。

山口:やる前からスイッチが入っていて、これくらい行きますよ、という信頼関係があらかじめあったからできたんでしょうね。

飯伏:試合はしていなかったけど、すでにその関係が出来上がってましたね。

山口:レッドゾーンを超えた試合を見せる、という気構えですか?

飯伏:お互いレッドゾーンは最低レベル、といった感じです。その思いはお互いに感じていましたね。

山口:そこまでしようとするような原動力は何でしょう?

飯伏:凄いものを残したいという部分と、その時しか見れない、最高のものを見せたいという部分です。自分は鹿児島出身なんですけど、地方でもたまにすごい試合があって、これは見れてよかったなってことがあったので、東京の人が見れないすごいものを常に出したいので、地方でも手を抜きたくないです。地方でも全力マックス。

imgp8157

 

⇒次ページ(女性ファン、キン肉マン、WWEについて!)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4