【今日子のプロレス今日この頃⑨「ないしょの話❸】

 

こんにちわ! 今日子です(^^)

 

前回の沼澤邪鬼さんに続き、今回は・・・全日本プロレスのゼウスさんです。

 

私の、このつたない文章を楽しみにして下さっている方もいるのですが「次はどなた?」と聞いて来られたので「ゼウスさん」と答えたら「怖い人特集?」と言われました(^_^)

 

正直、最初は怖かったです。あの風貌にタトゥー。

 

大阪弁で怒鳴られそうで・・・。

 

ところが、実際は腰が低く、無茶苦茶に礼儀正しくて、愛想が良く、ニコーッと満面の笑みで、ちゃんと挨拶して下さる方なんです。

 

ギャップのあるレスラーは多いですが、間違いなく5本の指に入ると思います。

 

昨春、ご縁があって宴席で初めてご一緒しました。

 

それから、会場で顔を合せたりして行くうちに、加入していないので、サムライTVやGAORAの試合を自分では見られないと知り(わりとこういう選手は多いようです)タイトルマッチなど何試合か、DVDやブルーレイにダビングして差し上げました。

 

そうしたら、ことのほか喜んで、こちらが恐縮する位、丁寧にお礼を言って下さいました。

 

選手は人気商売ですから、ファンから何かもらったりするのが日常茶飯なのでしょう。

 

何をしても当たり前の顔する選手も中にはいます。

 

まあ、それが普通なのかも知れないですが、ゼウスさんは、その度、本当に丁寧にお礼を言って来られます。

 

やっぱり、人間は感情の動物ですから、そういう対応ですと、これからも応援しようという気になりますよね。

 

会場でお渡しした時は、時候の挨拶の後、丁寧な謝辞を述べられ、私のケガを心配し「具合はどうですか?」と聞かれました。

 

「いや、それが実はあんまり良くない・・・」と言うな否や、ケガした部分にそっと両手をあて、目を閉じ、数秒間祈るようにし「よし!ゼウスは全知全能の神や! そのゼウスが祈ったんやから、これで良くなるで!」と、ニコーッと笑って言ってくれました。

 

ビックリしました。

 

そんな事をしてくれるなんて思ってもいなかったので。

 

完治は難しいと言われている状態ですが、でも、痛みが少し軽減したような気がします。

 

ありがとうございました(^^)

 

 

お正月には、ご丁寧な年賀状まで送ってくれたので、逆に恐縮しました。

 

「人生は祭りや!」が信条のようですが「LIFE IS A PARTY」と、書いてあったのには、何だか、ほっこりしました(*^_^*)

 

友だちや仲間を大事にする、とても人情味あふれる方のようです。

 

みなさんも是非、ゼウスさんの優しさに触れてほしいと思います。

 

まだまだ寒い日々ですが、きっと心が温かくなりますよ~!

 

本日、1月27日はお誕生日ですね☆

 

おめでとうございます。

 

素晴らしい一年になりますように(^o^)丿

 

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事