【プロレスリング・ノア】丸藤「最初で最後」、武藤「三沢社長の面影を探索しに」 丸藤正道&武藤敬司インタビュー!【第1回】

丸藤「最初で最後」、武藤「三沢社長の面影を探索しに」 丸藤正道&武藤敬司インタビュー!【第1回】

【3.12横浜決戦でタッグ結成!】丸藤「最初で最後」、武藤「三沢社長の面影を探索しに」 “俺たちのワンマンショー”へ丸藤正道&武藤敬司インタビュー!【第1回】

 3・12横浜文体大会で実現する丸藤正道&武藤敬司の“天才タッグ”。これまでリング上の接点は一切なし。違うリング、違う時代を生きてきた二人の天才がついに交わる。対戦カードが発表も発表され、大会まで約2週間。二人のインタビューを3回に分けて掲載!

亡き三沢社長の面影(おもかげ)をもう一回、探索しにいくのもいいかなぁ…って(武藤)
――改めて丸藤選手が武藤選手と組みたいと思った理由を教えてください

丸藤 武藤さんとは雲泥(うんでい)の差ですが、僕も18歳からプロレスを始めて来年で20周年になります。今まで各団体でいろんな方々と絡んできたなかで、一度も絡んだことがない方は誰か。そして自分よりキャリアが上の選手も少なくなってきたなかで、やっぱりどうしても触れてみたい方…といったら武藤さんしかいないと思ったので

――武藤さんはその声を受けて何を感じられましたか?

武藤 光栄に感じましたね。何だかんだ言って“永遠の恋人”である亡き三沢社長の秘蔵っ子って言ったら失礼かもしれないですけど。逆に俺もWRESTLE-1っていう団体を率いて頑張ってはいるんだけど、今WRESTLE-1は若いヤツ中心にまとまりつつある。俺がWRESTLE-1に存在することがある種“足かせ”にもなり得る状況のなかで、もう周りには「今年は内より外に向けて発信していくよ」っていうことは言ってたんですよ。そのタイミングでちょうどお声がかかったから、これは亡き三沢社長の面影(おもかげ)をもう一回、探索しにいくのもいいかなぁ…って

――ノア参戦は5年ぶりで、現在は“新生ノア”として生まれ変わりつつある状況です

武藤 その辺の状況は詳しくは分からないんだけど、WRESTLE-1にしたって俺の遺伝子的というか面影的なものっていうのも消えつつあるからね

――あくまで個人的に“やり残したこと”のひとつとして、丸藤選手との絡みがあったと?

武藤 まぁ三沢社長とはシングルマッチは一度もできなかったからね。「それはそれで良かった」っていう声もあるんだけど、やっぱり気持ちっていうのは常に揺れ動くものだからね。もちろん「もっとやりたかったな」っていう思いもあって。でも、そういう(過去に向かった)自分の気持ちっていうのは、今でも見つめていたい…っていうのはあるじゃないですか。「忘れたくない」っていう。そんな流れのなかで“MASTERS”なんて興行もやったんだけどね

いや俺は別に天才じゃない(丸藤)
――なるほど。お二人は以前、サムライTVで対談を行ったことはありましたが、リング上では一切遭遇していないというのも意外な話というか…

丸藤 そうですね。リング上以外ではそこそこお会いさせていただく機会は多くて、それこそ先日の豆まきだったり。ただ、ことリング上という話になると、まったくもって接点が無かったので

――そのお二人が組むとなるとどうしても“天才タッグ”と称される形になると思いますが…

丸藤 いや俺は別に天才じゃない

武藤 俺も天才じゃないよ(笑)

――「天才」と呼ばれることについて、お二人はどんな思いがありますか?

武藤 「天才」ってさ、「ひらめき」とかっていう部分が天才のイメージじゃないですか。ただ、言葉の響きで「あんまり努力をしないでもできる」みたいに思われる部分があって。だったら俺は決して天才じゃない。だって努力すげーしてるから。だから「天才」ってあんまり気持ちいい言葉じゃないよ、俺にとっては

丸藤 (※大いにうなずきながら)まったく同じ意見で。なんていうか「一つひとつ」っていう部分だったら、僕より凄い動きをする人はたくさんいるし。だから無理やりそこと競い合おうとはしてこなかったし、自分のスタイルで自分のプロレスでお客さんに楽しんでもらえるように心がけてきただけであって。だから今回も、その言葉うんぬんよりも、武藤さんが僕と並んでくれたことによって、観てくれるファンの人たちはドキドキワクワクしてくれること。それはプロレスにとってひじょうに大切な要素だと思うし、そういう思い(※カードを見ただけで胸が高鳴る)を抱かせられる人っていうのも限られた存在だと思うので。このタッグに関して良く思ってない人間もいるようですが、このタイミングで、やれる時にやらせていただける…っていうのはありがたいと思っています

【第2回へ続く】

拳王&北宮組の空中分解によりGHCタッグはマサ北宮&モハメド ヨネvs杉浦貴&拳王の王座決定戦に!武藤&丸藤の天才タッグの対戦相手はムース&KAZMAに決定!

ザ・リーヴ presents「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」3月12日(日)横浜文化体育館大会 対戦カード
◆第8試合 GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第28代選手権者)中嶋勝彦 vs 潮﨑 豪(挑戦者)

◆第7試合 GHCタッグ王座決定戦 時間無制限1本勝負
マサ北宮&モハメド ヨネ vs 杉浦 貴&拳王
※この試合の勝者が第38代選手権者となります

◆第6試合 スペシャルタッグマッチ
丸藤正道&武藤敬司 vs ムース&KAZMA

◆第5試合 シングルマッチ
小峠篤司 vs エディ・エドワーズ

◆第4試合 シングルマッチ
清宮海斗 vs ジェームズ・ストーム

◆第3試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第33代選手権者)大原はじめ vs 熊野 準(挑戦者)

◆第2試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合 60分1本勝負
(第30代選手権者)石森太二&Hi69 vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)

◆第1試合 6人タッグマッチ
齋藤彰俊&小川良成&マイバッハ谷口 vs HAYATA&YO-HEY&藤原ライオン

ザ・リーヴ presents「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」3月12日(日)横浜文化体育館大会 大会情報
◆日時
2017年3月12日(日) 開場15:00 試合開始16:00

◆会場
横浜文化体育館

【住所】
・横浜市中区不老町2丁目7番地

【アクセス】
・JR「関内駅」下車 徒歩5分
・横浜市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」下車 徒歩5分

ザ・リーヴ presents「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」3月12日(日)横浜文化体育館大会 チケット情報
【前売】
アリーナS 12,000円※パンフレット付
スタンドA 8,000円
スタンドS 7,000円
スタンドA 5,000円
スタンドB 4,000円

【当日】
アリーナS 12,500円
スタンドA 8,500円
スタンドS 7,500円
スタンドA 5,500円
スタンドB 4,500円

ザ・リーヴ presents「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」3月12日(日)横浜文化体育館大会 プレイガイド情報
ローソンチケット 【Lコード:34146】
ローソン、ミニストップ店頭ロッピーにて購入可能 0570-084-003

チケットぴあPコード予約専用 【Pコード=594-150】
ぴあスポット、サークルK・サンクス全店、セブンイレブン全店にて販売・発券可能 0570-02-9999
http://pia.jp/t

e+(イープラス) http://eplus.jp/
パソコン&携帯にて予約→セブンイレブン全店、ファミリーマート各店頭にて購入可能

後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999
チャンピオン(水道橋) 03-3221-6237
うまい肉と麺の店 ヨネ家 03-3751-3050
プロレス道場 045-713-9674

「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」3月12日(日)横浜文化体育館大会 決定対戦カード
「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」
3月12日(日) 試合開始16:00
神奈川・横浜文化体育館

◆GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第28代選手権者)中嶋勝彦 vs (挑戦者)潮﨑 豪
※第28代選手権者の4度目の防衛戦となります。

◆GHCジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第33代選手権者)大原はじめ vs (挑戦者)熊野 準
※第33代選手権者の2度目の防衛戦となります

◆第30代GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合 60分1本勝負
(第30代選手権者)石森太二&Hi69 vs (挑戦者)原田大輔&タダスケ
第30代選手権者の初防衛戦となります

★「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」3月12日(日)横浜文化体育館大会 大会情報詳細はこちらから


武藤敬司選手参戦!Impact Wrestlingより3選手の参戦が決定!


「俺は止まらずにいくだけです(中嶋)」3.12横浜文化体育館大会GHCヘビー級選手権試合・中嶋勝彦vs潮崎豪調印式の模様


「俺が潮崎豪の目を覚まさせてやります!」3・12横浜文体で同期デビューの潮崎とのGHC王座防衛戦決定!中嶋勝彦インタビュー


「新生ノアを代表するような試合にしたい」3.12横浜文体でGHCヘビーに挑戦!潮﨑豪インタビュー


「生え抜きの意地以上に、俺自身の意地を見せる」3.12横浜文体で大原はじめに挑戦!熊野準インタビュー


「熊野にとってはこの2月が大きな勝負になる」3.12横浜文体で熊野準を迎撃!大原はじめインタビュー


3.12横浜文化体育館大会、GHCヘビー&ジュニア選手権開催決定のお知らせ

~皆様のご来場をお待ちしております~

 

※プロレスリング・ノアHPより

http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=9715

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事