【潮﨑 豪インタビュー】中嶋戦はノアの新時代を切り開く戦い!蹴りを凌いで豪腕で勝つ!!そして新時代の中心になる!!

 

――チャンピオンになった時に思い描く未来像はありますか?

 

潮﨑:中嶋・マサ・拳王・小峠もヘビー級に上がってきて、ノアの形もまた新しくなりつつあるので、もちろんそこを盛り上げていけるような戦いも必要だけど、俺は丸藤選手にシングルで勝ったことがない。タイトルマッチは新時代の選手ともやりたいけど、それ以上にノアを守ってきた人たち、「ノアの人間」とやりたいですね。

 

――丸藤さんとは前回、ノンタイトルでやっていましたけど、丸藤さんは越えないといけない壁ですよね。

 

潮﨑:そこを越えていかないと、新時代というのも見えてこないと思います。

 

――潮﨑さんから見て、文体の試合で、ほかのアピールポイントはありますか?

 

潮﨑:TNA Impact Wrestlingから三選手が参加します。その中で、前までTNAチャンピオンだったエディ・エドワーズが参戦します。彼はアメリカでもデビューしていたけど、ノアに新弟子として入ってきて、腰を据えて合同練習に参加して、ノアで再デビューした経歴です。
俺は一緒にやっていたことがあって、彼との戦いがシングル初勝利でした(2005年8月24日)。年齢は近いけど、デビューは彼のほうが早くて、会うのは久しぶりですね。楽しみです。

 

――今後ぶつかる機会はありますか?

 

潮﨑:横浜大会だけだったらぶつからないけど、今後の可能性はゼロじゃないかもしれない。ノアの戦い方を知っているし、おもしろい選手ですよ。

 

――彼のファイトスタイルは要チェックですね。

 

 

――新生ノアになってから化けた選手はいますか?

 

潮﨑:清宮選手が、杉浦選手と組むようになって、自分を試合に出すようになった。負けん気の強さも、より強くなりました。彼とは一回シングルやりましたね。拳王選手の裏切りからどうなるかわからないけど。その拳王選手は文体で、杉浦・拳王、マサ北宮・モハメドヨネで王者決定戦。杉浦・清宮タッグが崩れたので、横浜で清宮選手がどう自分をアピールするかが楽しみです。

 

――清宮選手に注目されていると。ヘビー級に上がってきた拳王選手はいかがですか?

 

潮﨑:自分自身で、ヘビーとしての責任やプライドを持ってやっていたというのを感じます。彼の蹴りはどこから飛んでくるかわからない。

 

――日本拳法のチャンピオンになってますよね。

 

潮﨑:中嶋選手とは違う蹴りの威力。拳王は鋭い蹴りです。よけたと思っても、どこからか飛んでくるような蹴りを使うので、とても嫌なタイプですね。小細工効いてるなというか(笑)

 

――マサ北宮選手はいかがでしょう?

 

潮﨑:いいですね。まさに(笑)GHCに挑戦してから、異常なくらい急激に変わったんですよ。すごいなって思います。

 

――どう変わったんでしょう?

 

 

潮﨑:自信を持って試合をやっているんです。自分に自信を持つような試合をするようになったので、勢いに乗っているなと感じます。今度のGHCタッグ決定戦の要になると思う。

 

――マサ斎藤スタイルを踏襲してから一皮むけたように思います。

 

潮﨑:マサ斎藤さん、あんなグルグルしてないと思いますけどね(笑)スタイルが彼に合ってるんでしょうね。
自分がノアに戻ってきて初めて対戦した相手が北宮でしたが、当時と比べると雲泥の差ですよ。

 

――ちょっとずつ心の叫びが出てきましたね。

 

潮﨑:いいっすね、彼は。

 

 

――小峠選手はどうですか?

 

潮﨑:石頭(笑)彼がどういうつもりでヘビー級に上がってきたかはよく知らないけど、彼自身もすごく悩んでいるんじゃないか。どうしたらいいのかが、まだわかっていないんだろうな、と。自信がなくて、探り探り、迷いながら試合をやっているような印象がある。
ジュニアでやってきた部分が強すぎて、ヘビー級に対しての戸惑いがあるんでしょう。

 

――昔は線が細かったですからね。

 

潮﨑:最初からヘビー級らしく戦うなんて、絶対にできないはずなんです。俺だってできているかわからないですけど……。ヘビー級をやっていて身についてくるものだとは思います。

 

――数をこなして、血肉化するものでしょうね。潮崎さんは、新世代の人たちと戦いつつ、丸藤さんや杉浦さんとの戦いも視野に入れているんですね。

 

潮﨑:ファンの人に対して、今は自分たちの時代だとアピールしなければいけない。その時代を誰が先につかむかという時に、自分がトップに立っていないといけません。

 

 

⇒次ページ(他団体、チョップ、戦いたい選手について)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3