【今日子のプロレス今日この頃】⑪「抱きしめてあげたい⑤」HARASHIMA

こんにちわ。今日子です(^^)

 

最近は「ないしょの話」ばかりでしたが、今回は、久しぶりに「抱きしめてあげたい」シリーズです(*^_^*)

 

DDTには、個性的な選手がたくさんいます。

 

でも、やはり「エース」と言えば、HARASHIMAさんですよね。

 

 

HARASHIMAさんとは、数年前、とある忘年会でお会いしたのが初めてでした。

 

よく「まぶしい笑顔」などと言いますが、それは通常あくまでも例えなのですが、HARASHIMAさんの笑顔は本当にまぶしくて、正視できませんでした。

 

あまりにさわやか過ぎて、直視できなかった私。

 

「妖精?」とか思ってしまいました。

 

うちのベランダに、小鳥用のブランコが吊ってあります。

 

家を建て替える前、ジャングルファイトのようなケモノ道の庭だったのですが、木の枝に、父がブランコを吊ったところ、小鳥が来て乗り、よくブランブランと遊んでいました。

 

建て替えた後も吊ってみたのですが、一向に小鳥は来ません。

 

植木の絶対数が減ったせいでしょうか。

 

ベランダの手すりには、よく、何羽か並んで止まっているのですが、ブランコには乗ってくれません。

 

口笛なのか、歌声なのかはわかりませんが「HARASHIMAさんなら、小鳥が呼べるかも」と思いました。

 

 

今度、是非お願いしてみたいものです(^_^)

 

征矢学さんも動物は呼べそうですが、小鳥ではなく、チーターや鷹、鷲などが来てしまいそうですね。

 

ある宴会の後で、宮本裕向さんがスマホを忘れ、お店に取りに戻りました。

 

エレベーターに乗り込んでいた私たち。

 

先に上に行っても良かったと思うのですが、HARASHIMAさんがドラゴンストップ。

 

「待ってましょう」と言って「開」を押していました。

 

お店は閉店時間で、他のお客さんはもうみんな出た後で私たちだけでしたから、それもあって、「開」を押していたのだと思います。

 

ところが、スマホが見つからないのか、宮本さんはなかなか戻って来ません。

 

征矢さんが「上で待っていましょうよ」と言ったのですが、HARASHIMAさんは「いや、ここで待ってましょう」と「開」を押したまま。

 

石川修司さんが「じゃあ、来たら目の前で閉めちゃうとか」とイタズラっぽく言ったら「ダメ!そんな事したらイジメになっちゃう! かわいそうだからみんなで待ってる!」と

ガンとして譲らないHARASHIMAさん。

 

温和な石川さんがイジメなんかするハズがないのですが、それでも、HARASHIMAさんは「ダメ!」と「開」を押したまま。

 

他の人たちも何度か「上で待っていればいいんじゃないの?」と言ったのですが、HARASHIMAさんは聞き入れません。

 

「え~何でみんな、そんな事言うの?待ってましょう!」

 

そのうち、だんだん、目が赤くなって来ました。

 

正義感が強い人なんでしょうね。

 

やっとスマホを見つけ、戻った宮本さんが「???」という表情だったのが何とも。

 

その他の事でも、HARASHIMAさんの正義感の強さは常に垣間見えます。

 

理不尽は許せないと言うか、我慢ならない性分のようです。

 

某スター選手が、ポツリと言いました。

 

HARASHIMAさんは損してる。さわやか過ぎて裏があると思われちゃう」と。

 

ああ、そうかも知れない、と思いました。

 

「あんなにさわやかなのは、おかしい」という意味の事を言う人も確かにいますもの。

 

「でもね、彼はあのまんまなんですよねー」

 

HARASHIMAさんをよく知る方々は、口を揃えてそう言います(^^)

 

あんなに優しいのに、あんなにさわやかなのに、激しい試合をするHARASHIMAさん。

 

このギャップがたまらないですね!

 

3・20さいたまスーパーアリーナの試合では、竹下幸之介さんに敗れ、残念ながらベルトを失ってしまったHARASHIMAさん。

 

 

勝負の世界。勝者があれば、敗者がある。・・・それはわかっています。

 

でもHARASHIMAさんの澄んだ瞳には、今どんな風景が映っているのかと思うと、胸が痛みます。

 

抱きしめてあげたいと思いました。

 

子ども好きで優しくて、さわやかで、正義感の強いHARASHIMAさん。

 

小さなことでも喜びを見い出したり、素直に感動できる、とても純粋なHARSHIMAさん。

 

空の色や流れる雲に季節を感じ、木や草花など自然を愛する、心やさしいHARASHIMAさん。

ベルトは失っても、DDTのエースはあなたです。

 

 

女性ファンの多いHARASHIMAさん。恐れ多くて「抱きしめ」は未遂です。

 

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事