【リアルジャパンプロレス】「初代タイガーマスク黄金伝説『LEGEND OF THE GOLD Ⅵ』」(4月27日、東京・後楽園ホール)の全対戦カード発表会見

 

リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説『LEGEND OF THE GOLD Ⅵ』」(4月27日、東京・後楽園ホール)の全対戦カード発表会見が28日、都内・リアルジャパン本部で行われた。

 

 メインイベントは昨年9月に船木誠勝を破り、12月にはタカ・クノウを降して初防衛を果たした第11代レジェンド王者・大谷晋二郎にスーパー・タイガーが挑むレジェンドタイトルマッチ(大谷は26日のZERO1で高岩竜一を破り2度目の防衛も果たしている)。

 

 この3月でキャリア10年となるスーパー・タイガーだが、タッグマッチも含め意外にも大谷とはこれが初対決。レジェンド王座は過去に2度獲得しており、今回は15年12月、船木に敗れ王座を失って以来の挑戦となるが、「この10年から先の道をいかに切り開くか。そしてスーパー・タイガー、ストロングスタイルをいかに満天下に示していくのか。大谷選手は僕自身にとって壁となる、超えなきゃいけない存在で、炎のように熱い思いを持ったレスリングをやる選手。それを乗り越えることで新しい世界を切り開いていく。そういう思いで今回のタイトルマッチに挑んでいきたい」と節目の大勝負に意気込みを語った。

 

 いじめ撲滅キャンペーンのイベント出演など、多忙のため今大会は欠場となる初代タイガーマスクだが、最近もスーパーに稽古をつけており、「文句ないスピードで、ものすごい蹴りをやっていた。これが大谷選手にヒットしたらどうなるか。非常に楽しみでしょうがありません。“殺人キック”という名前をつけるぐらいスゴい蹴りを出すし、すごい練習をやってます」と太鼓判。練習の中でスーパーの好調ぶりを感じており、ベルト奪還に期待を掛けた。

 会見の間スーパーの蹴りのスゴさをしきりに強調していた初代は、会見を終えると蹴りの実演を指示。スーパーはスーツ姿で抑え目ながら道場に爆音を響かせ、初代は細かなフォームの修正を行い、“殺人キック”にさらに磨きを掛けていた。

 

 過去、レジェンド王者の中で2度ベルトを手にしてきたのは長井満也、スーパー・タイガー、船木誠勝の3人。スーパーは史上初となる3度目の戴冠を果たすことができるのか。

 

 

⇒次ページ(詳細情報)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3