【JWP女子プロレス】4.2後楽園大会はJWPの25周年にOGが多数駆けつけその歴史に幕を下ろす

4月2日(日)後楽園ホール大会 12時
《JWP 25th anniversary》
観衆1180人(満員)

1、JWP認定ジュニア&POP選手権試合 30分1本勝負
〇〈王者〉藤ヶ崎矢子(7分50秒、変形リバースゴリースペシャル)安納サオリ〈挑戦者〉●
※第31代JWP認定ジュニアならびに第21代POP王者が2度目の防衛に成功。

2、JWP25周年記念OG×現役ミックスドバウト エキシビションマッチ 7分間
福岡晶&日向あずみ&宮崎有妃(0-0)春山香代子&阿部幸江&米山香織

3、JWP25周年記念スペシャルバトルロイヤル  時間無制限
〇米山香織(23分1秒、エビ固め)ビジュアルハンター矢子●

退場順:福岡晶、さくらえみ、万喜なつみ、木村花、真琴、日向あずみ、青野敬子、阿部幸江、希月あおい、ジャガー横田、堀田祐美子、KAORU、DASH・チサコ、春山香代子、宮崎有妃、コマンドひーショイ

4、The same blood battle スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
●勝愛実(14分42秒、テキーラサンライズ)尾崎魔弓〇

5、JWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権 30分1本勝負
〈王者組〉〇コマンド ボリショイ&Leon(12分40秒、片エビ固め)KAZUKI●&ライディーン鋼〈挑戦者組〉
※マリコスパイク。第49代JWP認定タッグならびに第22代デイリースポーツ認定女子タッグ王者組が2度目の防衛に成功。

6、JWP認定無差別級選手権試合 30分1本勝負
〇〈王者〉中森華子(17分4秒、後方回転エビ固め)倉垣翼〈挑戦者〉●
※ファルコンアローを切り返す。第30代無差別級王者が3度目の防衛に成功。

メインイベント終了後に山本雅俊氏のコールにより過去のJWP在籍選手、現役選手がリングに上がった。ダイナマイト関西はプラム麻里子の遺影を持って入場などJWPの歴史を振り返る大会となった。

最後に代表のコマンド・ボリショイ選手が 挨拶をし、現役在籍選手がリング上にベルト、団体のジャージを置きフィナーレを向かえた。

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事