【今日子のプロレス今日この頃】⑫「抱きしめてあげたい⑥」村瀬広樹

 

こんにちわ! 今日子です(^^)

 

だいぶ暖かくなって、桜も咲きましたね。お花見に行かなくちゃ!

 

今回は、村瀬広樹さんです。

 

村瀬さんの第一印象は「デカい!」そして「チャラい」でした。(すいません!)

 

実寸で183センチというのは、大きいです。

 

最初は、西村修さんに紹介されました。

 

「とても人なつっこくて、明るく楽しいお酒を飲むから会ってみたら?」と言われたのですが、「う~ん、でもイマドキのレスラーって感じで、たぶん話が合わないと思うし、何かチャラそうだから・・・」と遠慮していました。

 

しかし「いや、素直な好青年だよ。一回会ってみたら」と何度も勧められ、じゃあ・・・と一度会ってみる事にしました。

 

実際、ご一緒してみたら、無茶苦茶にお酒が強く、そして楽しい方なんです。

 

こんな事なら、渋らず、もっと早く会っていれば良かった!

 

「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」と言いますが、まさにそうだと思いました。

 

「酔った事がない」と豪語する位、本当にお酒が強く、健啖家なんです。

 

いわゆる「エビスコ」。

 

アニマル浜口道場出身なのですが、浜口さんに「リングでは試合を魅せろ。リングを下りたら口で魅せろ。24時間レスラーでいろ」と教えられたそうです。

 

つまり「食べられません、飲めません」ではなく、常人離れしたところをひと様に見せろ、と。

 

現代では、アスリート系のレスラーが多く、夜は炭水化物を食べないとか、卵は白身しか食べないとか、鶏肉しかもささみだけとか、節制する選手も多いですよね。

 

それが悪いと言っているのではありませんので、誤解しないで下さい。

 

人ぞれぞれ、コンディションの調整方法は違いますからね。

 

でもやっぱり私は、いつ何時でも「レスラーってすごい!」と思いたいんです。

 

力道山は、本当はお魚が好きなのに、人前では分厚いお肉を食べて見せたという話は有名ですが、そのエピソードが大好きです。

 

村瀬さんの豪快な飲みっぷり、食べっぷりは見ていて気持ちが良いです。

 

お店の店員さんも「レスラーの方ですよね?」と聞いて来ます。

 

そして初対面の方とも、仲良くなれるコミニュケーション能力に優れています。

 

私のプロレス友だちも、何人もご一緒させていただきましたが、みんな村瀬さんのファンになって、久しぶりに「昭和のレスラーを見た」と口々に言います。

 

でも、他の席のお客さんのヒソヒソ話がたまに聞こえてくるのですが・・・

 

 

「ホスト」とか「騙されてる」とかいう単語が入っています。

 

つまり、村瀬さんがホストで、私が騙されている女という図式に見えるらしいのです(-_-)

 

え~(+o+)

 

最初は嫌でしたけれど、だいぶ慣れました。

 

まあ、ホストに見えるぐらい、いい男だからでしょう。

 

風車の理論でそう思うようにしました。実際、オシャレで格好いいです。

 

3月31日付けで、W-1を退団した村瀬さん。

 

ご本人も言っていますが、今年は勝負の年。

 

「ホスト?」ではなく「プロレスラーの村瀬広樹だ!」と言われるよう、活躍を期待しています。

 

決して平坦な道ではないと思います。苦労する事も多いでしょう。

 

フリーは後ろ盾がありません。しかし、全て自分の身になります。

 

その経験は無駄ではなく、全部、自分に返って来ます。

 

積極的に、攻めの姿勢で、いろいろキャリアを積めば、人生経験のレベルアップだけではなく、プロレスの幅も広がります。

 

「華と色気と殺気」のある、レスラーになってほしいです。

 

私は、この3つが人気レスラーの3大要素だと思います。

 

新たな旅立ちをする村瀬さん。抱きしめてあげたいと思いました。

 

応援しています。頑張れ~!(^o^)丿

 

 

※ 抱きしめたら、やっぱりホストに騙されてる女に見えてしまいそうなので、やめておきます(^_^;)

 

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事