【新日本プロレス】後藤がザックの執拗な腕への攻撃、鈴木軍介入も退けV3達成!「鈴木みのるいつでもかかって来い!」 

戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017

日時:2017年4月9日(日)   14:30開場 16:00開始
会場:東京・両国国技館観衆:10,231人(超満員札止め)

IWGPジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第15代チャンピオン)○後藤洋央紀 vs ザック・セイバーJr.●<チャレンジャー>
16分16秒 GTR→片エビ固め
※後藤が3度目の防衛に成功

後藤試合後のコメントにて「鈴木みのる、いつでもかかって来い!」と声を荒げていた。

一方、鈴木みのるは大荒れでインタビュースペースの看板を投げつけ悔しさを表した。

 

(試合展開は連続写真でご覧ください!)

 

 

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事