【魔界(MAKAI)】鶴姫(志田光)・越智安成(新納刃)・錬武官(吉野恵悟)の魔界三人衆インタビュー

第三十四回『魔界』〜三軍激突して六道嗤う~が4月14日(金)に今回より魔界アリーナとして始動する新木場1stRINGにて開催される。この度は魔界(MAKAI)より鶴姫役の志田光選手、越智安成役の新納刃選手、錬武官役の吉野恵悟レフリーに見どころ、それぞれの役についてのインタビュー内容をお届け致します。

――ポスター、すごいですね。志田さんを激推しです。

志田:3月の会場で初めて見たんですよ。完成品を見て、これで大丈夫ですか?って思いました(笑)

――新体制になってから、三回目の魔界です。新納さんは変化がありましたか?

新納:事務所に行く頻度が増えました。こまごまとした業務をやってますね。

――このオフィスもどんどん使ってください!

志田:この人、本当に入り浸りますよ(笑)

吉野:居場所見つけたら住み着くんで(笑)

――今回で魔界も34回ですね!

志田:あっという間です。一回一回が必死すぎて、気づいたら34回。毎回が一回目みたいな気持ちです。「これ、本当にできるの?」ってところから始まって、練習を何度も繰り返して、なんとか形にしていくことの繰り返しですね。

――志田さんは特に、レスラーからガンガン攻撃されることが多いから、大変ですよね?

志田:男子と女子は力が違いすぎて、普段受けているボディスラムのような技でも威力が違うんです。いくら試合でないとはいえ、ダメージは蓄積してきます。

――誰か、「表情がいいから痛めつけがいがある」って言ってましたね。

志田:誰だよー(笑)

――……バッファローさんですね!

志田:やっぱり!(他の人とは)違うもん。手加減なしですごいもん。

吉野:あの人、そういうところもあるんですけど、それ以前に女子プロレスファンなんです(笑)女子と戦うのが楽しいんですよ。

志田:バッファローさんの時は本当にヤバいと思った。

新納:生き生きしてますから。

志田:三回目か四回目くらいで、俵藤太と鶴姫がシングルマッチで戦ったときに椅子で殴られて、それを見ていた母が、バッファローさんが嫌いになった(笑) だけどあの戦いがきっかけで、鶴姫のファンになってくれました。今の鶴姫像があるのは、ある意味でバッファローさんのおかげですね。

 

次ページ(MAKAI設立、新納刃誕生)

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4