【石川修司選手インタビュー】蘇る大巨人、全日本プロレス「チャンピオン・カーニバル」に挑む!

 

<憧れの全日本プロレスへ。力と力のぶつかり合い>

――全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルに参戦ということで、意気込みを聞かせてください。

石川:もともと、ジャンボ鶴田さんが大好きだったんです。僕は岩手出身なんですけど、中学校時代に全日本プロレスの中継がなくなってしまって、熱が冷めてしまいました。ところが高校の友人が三沢さんファンで、ビデオや週刊プロレス・週刊ゴングを見せられて、さらに、今はFREEDOMS代表の佐々木貴さんが柔道部の先輩になって、柔道部に行っても友達に会ってもプロレス漬けになりました。そのころから全日本プロレスを見ているので、今は形が違うかもしれないけど、「全日本プロレス」というワードには特に弱いです。緊張して、背筋がピンとなってしまいます。

――チャンピオンクラスがひしめき合う大イベントですからね。シリーズ名がずっと変わっていないので、ジャンボ鶴田さん含め歴代の大物の歴史を感じます。カーニバルトロフィーは持ってみたいですね。

石川:「チャンピオン・カーニバル」の名前自体に重みがあるので、それに恥じないようにというプレッシャーがあります。ワクワクもしますけど、緊張もします。

――全日本プロレスのリングは何度か上がっていらっしゃいますが、今回の対戦相手の中で、初対戦の選手はいますか?

石川:タッグマッチでは、自分の入ったBブロックの選手は全員経験しています。初戦の諏訪魔選手は、はじめてのシングル戦です。

――初めから凄い試合ですね。見どころがあります。

石川:どの組み合わせも大事なんですけど、初戦の諏訪魔戦が自分の中では一番大事。もちろん勝ちたいですが、もし負けたとしても、チャンピオン・カーニバルで石川に賭けられるという内容を見せないといけません。それを見せないと、お客さんも私のチャンピオン・カーニバルでの闘いに乗れない。いろいろな思いがありますが、すべて初戦にかかっています。

――全日本プロレスも粋なことをしてきますね。注目を浴びる初戦に、日本人ヘビーの醍醐味を見せられる、石川選手対諏訪魔選手をぶつけてきました!

石川:期待に応えられるような内容を見せて、勝ちたい。自分も楽しみです。

――諏訪魔さんは体格もいいし、ジャンボ鶴田さんを思い出させるナチュラルなパワーが魅力ですね。

石川:今は宮原選手がチャンピオンだけど、ファンは諏訪魔選手が最強だと思っているはず。そういう選手とシングルマッチで当たれるのはすごく楽しみです。

――相手の技を受けるのを見るのもワクワクしますけど、石川さんがジャイアントプレス、ニーリフトで決めるのを見てみたいです。日本人同士の激しい試合が見れるのはいいけど、当たりが強そうです。

石川:そういうのが好きなんで、全然大丈夫です。

――ダメージも大変じゃないですか。初戦で何かありそうな気がします。

石川:初戦でリタイアになったら大変です(笑) 完走しないといけないけど、そこでセーブするわけにもいかない。内容も残して、チャンピオン・カーニバルの名に恥じない戦いをしたい。神頼みしてきて、運も味方につけて(笑)

――全日本プロレスには、日本人の重量級クラスが集まっています。デカい人と戦うのは楽しいですか?

石川:しんどいですけど、ぶつかり合っていると楽しいです。例えば凄いクローズラインをもらうと、ただただ感心してしまう。サイズが小さい人も技術を持っていて楽しいですけど、いつもやっている関本選手や岡林選手、全日本ならゼウス選手とかとやっていると、力のぶつかり合いが楽しくなる。体がデカい人たちとぶつかっていると、楽しいですね。

――見ている方も楽しいです。レスラーが楽しんでいる様子が観客に伝わるんです。昔は全日本プロレスと言えばハードヒットでカウント2.9プロレス、ギリギリ限界までを四天王プロレスでやってましたけど、その前は鶴龍対決で日本人最高峰の戦いを見せていました。その頃のレベルの戦いを、諏訪魔さんと石川さんの戦いで見れるのではと期待します。

石川:期待を裏切らない試合をしないといけません。

――チャンピオン・カーニバルに向けて、特別な技を用意していますか?

石川:僕がいつも練習している相手は飯伏選手とかなので、相手の体重が軽いんです。今回当たるのはヘビー級なので、練習ではうまく決まるけど、本番で使っていいかわからない技があります。これから精度を高めていくところです。

――新しい技でインパクトを残す勝利は見てみたいですね。ほかに、注目する選手はいらっしゃいますか?

石川:初対決ではないけど、KAIENTAI-DOJOの真霜拳號選手が同じブロックですね。もう僕はフリーですけど、大日本の関本選手とKAIENTAI-DOJOの真霜選手はインディーの中でトップをやってきた相手で、僕よりもキャリアがある相手なので、彼らと自分で、リーグ戦で張り合えるのが楽しいし、真霜選手と久しぶりにシングルマッチで戦えるのが楽しみです。今まで一勝一敗だったと思うので。

――真霜さんも器用ですよね。

石川:我が道を行く真霜拳號スタイルで、似ている選手がいない。蹴りも使えるけどいろいろなことができるし、真霜スタイルというか、多彩ですね。

――チャンピオン・カーニバルの前年度覇者は関本さんですけど、今年度は石川さんに期待です。石川さんはDDTでは「KING OF DDTトーナメント」優勝、大日本プロレスでも、去年、その前と「一騎当千」で二連覇です。いよいよ老舗メジャーと呼ばれる全日本プロレスを制覇したら、石川修司さんがプロレス界を席巻することになります……。

石川:そこまで行きたいと思いますけど、そう簡単な相手ではないので……。

――別ブロックですけど、ジョー・ドーリングと石川さんがやったら面白いと思います。相手も、ものすごいパワーがありますし。

石川:シングルでもタッグでも、当たったことは一回もない相手です。僕が言うのもなんですけど、でかいですよね。

――曙選手とは戦ったことがありますよね。どうでした?

石川:瞬間的な速さがあるんです。遅いイメージですけど、瞬間的に動いて、グローブみたいな張り手を喰らいました。気がづいたらぶっ倒れてる。

――タックルでぶつかった時は凄かった。石川さんの力でも、曙さんは倒れませんね。

石川:倒してやろうと思って思いっきりいきましたけど、相撲界の頂点を獲った人はパワーが違います。体重も違いますけど。

――浜亮太さんも、ゴムまりみたいな迫力があります。

石川:重いですよね。たまに戦う時に場外で相撲を取るんですけど、びくともしません(笑) 投げてやろうと思いますけど、動きません。220kgは伊達じゃないですね。

――あの体をキープし続けること自体が凄い。

石川:会うたびに、失礼ながらあと何年この体をキープできるんだろう、内臓とか脚とか大丈夫だろうか?って思いますね。怪物です。

次ページ(王道と挑戦。大日本プロレスとDDT)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4