【プロレスリングZERO1】欠場者続きのZERO1の危機を救うべく鈴木秀樹が立ち上がった!

ベテランvs現行で盛り上がりをみせている『天下一ジュニアリーグ戦』。
しかしながら、天王山となる4月16日新木場が大会開催の危機に直面しているという。

理由は神風の肩負傷にはじまり、小幡の脳震盪、シリーズ中には新人クリスオンドーフと欠場が続いた。
そして、ライディーン&佐藤耕平までもが『体調不良』で欠場、とヘビー級戦線が空っぽとなってしまった。
頼みの綱の田中はVM 入り、ジュニアは公式戦と、旗揚げ以来のピンチ!
そこに『プロレス界の変わり者』が手を挙げた。
ストロング・ヘビー級新王者の鈴木秀樹だ!

鈴木秀樹 コメント
「ゼロワンファン、いや正確にいうと「4/16ゼロワン新木場大会に出る鈴木秀樹のファン」の皆様、もうお分かりですね?
第10代BJW認定世界ストロングヘビー級王者の鈴木秀樹です。またまたベルトを巻きました。
その姿を是非皆様に、いえ沢山の、いや満員の皆様にお見せしたいと思っております!」
自慢げな中にも、大人なコメント&佇まいは、まさに『リングを降りると紳士』・・かと、思いきや
「そしてなんと4/16の新木場大会ですが、満員になると私が大野社長から大入りが貰える・・・らしいです。その為にも是非とも御来場下さい。』
と、しっかり裏約束もつけていた!

ただ、『闘い』を重視しているZERO 1にとっては『渡りに船』だ!
しかしそれに黙ってないのがVM総帥のTARUだ。

TARUコメント
『今さらコメントすることもないやろ~
まぁ~あえて言うなら…曙!また足 いわしたらしいなぁ!?
あんだけの体重を支える足が あかんなら もぉ終わりちゃうか!?
わざわざボブサップ呼ばんでも自爆しよったか…
ぶざまやな!

横綱の名前を汚す前に 早よぉ引退したらどないでっか?
これでまたベルトのコレクションが増えたも当然や!
田中 弾丸 先輩が ブードゥーに来てからどんどんベルトが増えてくるわくるわ…
プロレス界のNo.1は やっぱり弾丸先輩に決定やな
今度の新木場大会…将軍岡本とタッグタイトルの前哨戦やらせろや!はぐれIGF軍だっけ?
大日本でチャンピオンになったらしい鈴木秀樹と組んだらええやん。ついでに大日本のベルトも頂きましょか?
何にせよ、弾丸先輩に敵なしや!
新木場で鈴木秀樹と将軍岡本に喝の面を入れてもらいましょかねぇ~まぁ~そーゆーことですわ!』
タッグチャンピオンの曙の欠場を引き合いにだし、鈴木の持つストロングヘビー級をも標準に定めたTARU。
はぐれIGF vs VMからも目が離せない。

4/16(日)東京・新木場1stリング
◎シングルマッチ20分1本勝負
・クリス・オンドーフ vs 野村卓矢(大日本プロレス)
・鈴木鼓太郎 vs 横山佳和

◎タッグマッチ20分1本勝負
・鈴木秀樹&将軍岡本 vs 田中将斗&TARU

◎天下一ジュニアリーグBブロック公式戦
シングルマッチ20分1本勝負
・日高郁人<0点> vs 塚本拓海<4点>

◎天下一ジュニアリーグAブロック公式戦
シングルマッチ20分1本勝負
・大谷晋二郎<0点> vs 菅原拓也<2点>
・ショーン・ギネス<4点> vs フジタ”Jr”ハヤト<3点>

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事