【ドラディション】藤波辰爾デビュー45周年記念試合!A猪木、前田、木村も駆け付けレジェンド勢揃いに後楽園大熱狂!!セレモニー中にベイダーがダウンするも無事に回復(写真多数)

昭和のプロレスファンが大歓声を上げる中、前田日明氏の登場!

そしてかつての因縁の相手である長州が前田氏に近づき握手。

2人目は藤波の良きパートナーであり、後楽園ホールでワンマッチ興行を戦った木村健悟氏が登場。

元付き人の武藤とも握手。

木村氏の挨拶が終わるや否や、ベイダーが卒倒し場内騒然。

その中でアントニオ猪木氏が登場し、「元気ですかー!」。

場内のザワツキにびくともしない猪木氏。

そんな最中、野上から水を掛けられベイダーは自らの足で控室へ直行。

(※この後、ベイダーはアフターパーティーにも出席。)

そして往年の名選手が集まる中、猪木氏が弟子である藤波へのお祝い闘魂スピーチ!

リング上での記念撮影が終了すると前田氏が猪木氏へ近づき、耳元で何やら会話を行う。

その2人の姿を昭和ファンがやんやの歓声を上げる中、藤波選手から来場者・関係者へ感謝のメッセージ。

最後は猪木氏の『1・2・3ダァー』で終了!

藤波辰爾45周年記念試合はベイダー参戦、往年の選手の活躍、そして昭和の新日本プロレス豪華メンバーが集まる最高の記念試合となり、大会終了。

最後は藤波・長州が前田にリング復帰を促すような一幕もあり、昭和のプロレスファンにとっては素晴らしい大会となり、まだまだ底力のあるレジェンドにはただ脱帽するだけである。

大会終了後、アフターパーティーに顔を出した藤波選手。

デビュー45周年、おめでとうございます!

プロレスTODAYはこれからもファンと共に藤波選手を応援しております。

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3