【リアルジャパンプロレス】<折原昌夫インタビュー> 4・27(木)リアルジャパンプロレス 後楽園ホール大会 強靭なパワートリオで出撃!本来のヒール魂が爆発の予感! 折原昌夫「リアルジャパンは永遠に不滅です」

 4月27日(木)に後楽園ホールで開催されるリアルジャパンプロレス、初代タイガーマスク黄金伝説2017『LEGEND OF THE GOLD Ⅵ』に向けて、折原昌夫がインタビューに応じた。この大会では、グレート・タイガー、ブラック・タイガーとトリオを結成、ウルティモ・ドラゴン、小笠原和彦、柴田正人組と激突する。

このカードがどのようにして組まれたのか。

さらには旗揚げから10年、所属選手ではないものの、ずっと参戦しているリアルジャパンについても答えてくれた。

 

ヒールのパワートリオ結成の理由? 魔世軍が邪魔だから。平井社長にも疑問を感じる

「最近、他団体でも露出が多くなってきているグレート・タイガー、ブラック・タイガー。同じリングに立つ仲として、ちょっと同じ色を感じた。これまでカードの希望を自分から言ったことなど数える程しかないけど、今回初めて自分で組ませて欲しいと申し出た。意外と知られてないかもだけど、今回が初めて。ルードで組んだことはなかった」。

「彼らはこのカードが発表されたことさえ知らないかも。そんな性格の人たちだから。あくの強いルードの3人なので、僕がまとめたらどうなるか勝手に思っているだけ。ただ、この3人が組んだことでバラバラになるのか、あるいはうまくいくのか」。

「うまく行ったら魔世軍をあっと言う間に潰せるんじゃないか。じゃまだから。リアルジャパンに必要ない。こういうのを招き入れている平井社長にも疑問を感じる」。

「佐山先生が体調の問題とかある時に、ノコノコと出てきた魔世軍は平井社長に責任がある。マッチメイクが上手くできてない。青柳館長、もうプロレス出来ないんでしょ? 未練があるのか何なのか。WARで当たった当時は鋭かったけど、今はただのオッサンじゃない。大仁田軍がいなくなったと思ったら、今度は魔世軍だと? しかも、魔世軍5号アレクサンダー大塚、魔世軍8号佐野巧真ってなんだよ。いつからマスクマンが、自分の中身を名乗るようになったのか」。

まくしたてる折原だが、筋は通っている。歯車が合えば、このパワートリオは強力であろう。まとめることが出来ればではあるが・・・。

 

⇒次ページに続く(宿敵ウルティモ・ドラゴンとの数奇な運命と、大会の裏目玉カード)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3