【リアルジャパンプロレス】“蘇ったサムライ”船木誠勝が“悪魔仮面”ケンドー・カシンとの初対決決定に「久しぶりに刺激がある!」とおおいなる意欲をみせる!曙欠場の緊急事態に、船木誠勝&関本大介組と石川雄規&ケンドー・カシン組が激突!

“蘇ったサムライ”船木誠勝が“悪魔仮面”ケンドー・カシンとの初対決決定に「久しぶりに刺激がある!」とおおいなる意欲をみせる!曙欠場の緊急事態に、船木誠勝&関本大介組と石川雄規&ケンドー・カシン組が激突!

 

 

4月20日(木)、リアルジャパンが記者会見をおこない、曙欠場に伴う4・27後楽園ホール大会のカード変更を発表、対戦予定だった船木誠勝が出席しコメントを出した。曙は右脚の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症により療養中。当初はセミファイナルでの船木誠勝(フリー)&関本大介(大日本プロレス)組vs曙(王道)&石川雄規(Battle Arts Academy)組のタッグマッチが発表されていたが、急きょ、ケンドー・カシンの参戦に変更。船木誠勝&関本大介組vs石川雄規&ケンドー・カシン組のタッグマッチが会見で新たに発表された。

 

平井丈雅代表「曙選手の欠場に代わり、ケンドー・カシン選手が出場することになりました。船木誠勝&関本大介組vs石川雄規&ケンドー・カシン組となります。船木選手とケンドー・カシン選手におかれましては今回が初対戦となりますので、カシン選手も非常にこの対決、急きょ決まったこの対決に力が入っているとお聞きしております」

 

 

船木「自分が聞いたのはちょうど数日前ですかね、曙さんがその前にまた入院して体調がよくないということで、そっちの方が心配なんですけども、案の定カードが変更になりまして出てきたのがケンドー・カシン選手。自分はまったくそれに異論はなく、初対決ということでおもしろいカードだなと思って、逆に曙選手とは何回か全日本プロレス時代にやったことがありますので、ケンドー・カシン選手とはちょうど自分がフリーになって、2年前です。2年前に1回、自分の故郷の青森で組んだことはありますけども、闘ったことはないので新鮮な気持ちでいます」

 

 

――カシンに対してのイメージは?

 

船木「すごく巧いなと思います。試合運びというか、中身の選手と覆面被った選手がホントに別人なんじゃないかというくらい器用な選手。今回は覆面を被ったケンドー・カシン選手と試合をするということで、いろんな意味で楽しみでありますね。どんな試合になるのか、まったく想像ができないので、お客さんもおそらく想像ができないんじゃないかなと。自分自身も想像ができない意味では、この年齢になって初めて当たるわけですけど、年齢は一緒なんですけど、ずっと中身のひととはすれ違い、すれ違いでいましたので。ケンドー・カシン選手が新日本に入るときには自分がもうUWFにいってたころなので、すれ違いだった。一時期、パンクラス。その前に藤原組ですね。自分たちが離脱した後にケンドー・カシン選手の中身が藤原組に出たりとかですね、すれ違い、すれ違いで、一時パンクラスにも参戦する話も合ったんですけども、それも実現せず。その後自分は引退して、その後ですね、復帰してからも実は話があったんですよ。確か2009年くらいだったと思うんですけども、元K-1の谷川(貞治)さんから中身の選手の引退試合、中身の選手です、カシン選手じゃないです。中身の選手の引退試合を青森でやるので船木さんにちょっと対戦協力してもらえないかと話がきたんですよ、実は。だけど自分はそのとき復帰したばかりだったので引退する選手と混じるのはちょっと気分的にすごくなんかしっくりこなかったんですね。復帰したばかりなのに引退する選手の相手をするのは縁起が悪いなと思って、それでお断りしたんですけども、それでまたすれ違いと。その後、自分がちょうどプロレスに復帰した頃に逆にそのケンドー・カシンの中身の選手がDREAMに参戦してきて、それもまたすれ違いで。すれ違いすれ違いでずっとなってたんですね。一昨年の、自分がフリーになって初めて故郷で試合をするときに青森のプロモーターの人が自分とケンドー・カシン選手をタッグで組ませてくれた。それが初めてですね。2年くらい前に初めて同じリングに上がった。そこからまた2年後ですね、来週、初めて身体、肌を、身体と身体をぶつけ合う。何年越しなのか。2人とも50歳手前なので、一番最後に一踏ん張りできる年齢だと思いますので、ホントにやっときたのかなという気持ちでいっぱいです。たぶん向こうは肩透かしばっかり食らわせて、やっと捕まえたみたいな感じだと思うんですけど、ホントにたまたまなんですよ。たまたますれ違いすれ違いになってただけで、嫌いなわけではないです。個人的にはすごい好きです。中身がですよ。仮面被ってたりしたらダメなんですけど。中身の選手はすごく好きな選手なので、すごい楽しみです」

 

⇒次ページに続く!

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2