【新日本プロレス】≪G1≫一進一退の頂上決戦を制したのはケニー・オメガ!初の外国人覇者誕生!!

「G1 CLIMAX 26」優勝決定戦

Aブロックからは丸藤を下し、棚橋・オカダカズチカという本命がいる中勝ち上がった後藤洋央紀。

また、Bブロックからは内藤が勝ち上がってくるだろう周囲の予想と反し、内藤との直接対決をものにしたケニー・オメガ。

 

後藤の執拗な攻撃を持ち前のテクニックで交わし応戦したケニー・オメガがG1初の外国人覇者に輝いた。

 

× 後藤 洋央紀

(Aブロック1位)

[26分49秒] 片翼の天使→エビ固め
※ケニー・オメガが「G1」初出場・初優勝
○ ケニー・オメガ

(Bブロック1位)

(連続写真でご覧ください)

9 (1) 9 (7) 9 (13) 9 (17) 9 (22) 9 (29) 9 (33) 9 (35) 9 (37) 9 (40) 9 (56) 9 (63) 9 (75) 9 (78) 9 (95) 9 (96) 9 (98) 9 (113) 9 (124) 9 (126) 9 (127) 9 (128) 9 (132) 9 (135) 9 (149) 9 (152) 9 (155) 9 (171) 9 (175) 9 (180) 9 (181) 9 (182) 9 (184)

マスクドSkywalker
プロレスTODAYの新米編集部員。
技の名前と昭和プロレスを日課勉強中!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事