【ドラディション】 <藤波辰爾デビュー 45 周年記念ツアー in OSAKA>藤波がドラゴン殺法で佐野からギブアップを奪い、藤波、長州、ベイダー組が勝利!!

<DRADITION 2017 藤波辰爾デビュー 45 周年記念ツアー in OSAKA>

DRADITION 2017


エディオンアリーナ大阪・第二競技場   15:00開場 15:30開始

藤波辰爾デビュー45周年記念ツアー in OSAKA

観衆:1,750人(超満員札止め)

シリーズ「DRADITION 2017 藤波辰爾デビュー45周年記念ツアー」最終戦が、エディオンアリーナ大阪で行われた。
第一試合ではLEONAと蓮見がベーシックなレスリングの攻防を展開。同日デビュー同士の二人がぶつかり合ったが LEONA がドラゴンスクリューから逆片エビで勝利を収めた。中盤は、地元・大阪の選手たちが会場を一気に盛り上げた。

セミでは今シリーズ初登場の船木誠勝が、ザ・グレート・カブキとのタッグで、長井、ブラック・タイガー組と対戦。長井・タイガーはやりたい放題の反則技でカブキ組を翻弄したが、カブキはアッパーカット連打、船木は得意の打撃技を容赦なく打ち込む。最後は船木が必殺のハイブリッドブラスターでタイガーをマットに沈めた。

 メーンでは、ゲストして来場したミュージシャンのBORO氏(写真左)がリング上で藤波に祝辞を送った。また大阪FMの人気番組COCOLOのDJ、加美幸伸氏(写真右)がリングアナを務めた。加美氏のコールでレジェンドが次々とリングイン。

ベイダーは序盤からハイテンションで観客に健在ぶりをアピール。ベイダーハンマーを連打。藤原をコーナーで倒すと、コーナーからボディプレスで圧殺。越中が藤波に勢いのあるヒップアタックを炸裂させると、長州はサソリ固め、ラリアットで加勢。最後は藤波がドラゴン殺法で佐野からギブアップを奪い、藤波、長州、ベイダー組が白星を挙げた。

試合後は大阪の熱いファンの声援の中、恒例の記念撮影が行われ、45周年記念シリーズが幕を閉じた。藤波は「とにかく、無事に終わってよかったです。これからもさらに前進していきます!」と力強くコメント。

試合結果

第 1 試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○LEONA
6分38秒 逆片エビ固め
蓮見隆太×

 

第 2 試合 タッグマッチ 30分1本勝負
倉島信行 ○スーパー・タイガー
7分23秒 竜巻蹴りから片エビ固め
スミヒデアキ×冨宅飛駈

 

第 3 試合 タッグマッチ 30分1本勝負
×橋本友彦 ザ・ボディガー
12分05秒 リアットから片エビ固め
空牙 マグニチュード岸和田○

 

第4試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
○金本浩二
10分30秒 アンクルホールド
スペル・デルフィン×

 

第 5 試合 スペシャルタッグマッチ 45分1本勝負
×ブラック・タイガー 長井満也
11分30秒 ハイブリッドブラスターから体固め
船木誠勝○ザ・グレート・カブキ

 

第 6 試合 6人タッグマッチ 60分1本勝負
藤波辰爾デビュー45周年記念試合
ベイダー 長州 力 ○藤波辰爾
8分09秒 ドラゴンスリーパー
佐野巧真× 越中詩郎 藤原喜明
山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事