【Marvelous】彩羽匠、桃野美桜、門倉凛が「破裏拳ギャルズ」として悪を討つ! タツノコプロ創立55周年記念映画『破裏拳ポリマー』とのコラボレーションが実現


4月29日のMarvelous横浜大会で、Marvelousと5月13日公開の映画『破裏拳ポリマー』とのコラボが実現。映画の宣伝を妨害する、アブドーラ・ザ・ブッチャー似のキャッチャー中澤を、ポリマー最強応援団「破裏拳ギャルズ」の彩羽匠、桃野美桜、門倉凛が迎撃。最後はオリジナルの新技「破裏拳固め」でリングに沈めた。

最初にキャッチャー中澤に立ち向かったのは青いマントを纏った門倉凛!連続キックや後ろから羽交い締めするも通用せず、桃野美桜とタッチ。桃野は真正面からドロップキック!
しかしこれも難なく堪えるキャッチャーは桃野に対して頭突きをぶちかます。
頭突きに苦しむ桃野は彩羽匠とタッチ!彩羽とキャッチャー中澤は水平チョップの応酬を繰り広げるも、キャッチャー中澤の圧倒的な巨体には効果は薄く、徐々に押され気味の状況に。
キャッチャー中澤を強敵と判断した「破裏拳ギャルズ」は3人で正義の力を合わせ、桃野&門倉がキャッチャー中澤の両腕を抑え、彩羽による「破裏拳!ドロップキック」が炸裂!さすがのキャッチャー中澤もリング上に倒れ、さらに追撃で「破裏拳ギャルズ」3人によるオリジナルの新技「破裏拳固め」でとどめを刺し、ついにギブアップ!悪役レスラー・キャッチャー中澤は縄に縛られ御用。

巨体な悪を倒した「破裏拳ギャルズ」は、また新たな悪を討つべくリングから立ち去り、「マーベラス横浜大会」にはまた平和が訪れた……。

長与千種コメント:
本日はお越し頂いたお客様も、演じて頂いたキャッチャー中澤さんも、宣伝ポリマーさんも、ありがとうございました。
「ギャルズ」という言葉が付くと懐かしい響きがしますね。アメリカの格闘映画など、かなり多くの映画を見てきましたが、今回の映画もとても楽しめました。公開が近づいているので、是非とも劇場に足を運んで観てください。

彩羽匠コメント:
普段自分がこういうことをやる機会がなかったので、新鮮な気持ちでした。道場で練習していたのですが、本番当日になったら「どうしよう」とアタフタしてしまいました。でも今回のコラボを通して『破裏拳ポリマー』も「マーベラス」も上に行きたいという気持ちは強くなりました。

桃野美桜コメント:
自分は正義の味方が大好きです。アンパンマンもマントを羽織っていますが、それと同じ格好をさせていただけて嬉しかったです。もっとシュワッチとか出来たら良かったのですが、お客さんが苦笑いでも嬉しかったです。棒読みと言われましたが、彩羽さんや門倉さんがいたので緊張はしなかったです。

門倉凛コメント:
無茶苦茶緊張しました。キャッチャー中澤さんよりもずっと緊張してたんじゃないかなと思います。お客さんの反応が気になって、そっちばかり気にしてしまいました。皆さんの反応が良くて映画も楽しみにして頂けると嬉しいです。

キャッチャー中澤コメント:
もともとプロレスが大好きだったので、今回プロレスファンの皆さんの前でイベントに参加させて頂き嬉しかったです。皆さんに盛り上がって頂けて「破裏拳ギャルズ」とも戦えてとても光栄でした。
自分もスタントとして、『破裏拳ポリマー』に出演し、柳ゆり菜さんと戦っているので、そちらも観て頂けたら嬉しいです。

コラボレーションの概要・映画『破裏拳ポリマー』についての詳細は以下の通り。


【今回のタイアップについて】
1980年代一斉を風靡した女子プロレス界で伝説的な人気と実力を誇ったクラッシュギャルズのメンバー長与千種が設立した女子プロレス団体「マーベラス」と映画「破裏拳ポリマー」がコラボレーションし、クラッシュギャルズならぬ、<破裏拳ギャルズ>を結成することが決定。映画のヒーロー像に共鳴した画期的なPRユニットが4月15日(土)東京・晴海客船ターミナルホールにて開催されたマーベラス旗揚げ1周年記念大会で解禁となりました。

キュートでワイルドな3人による<破裏拳ギャルズ>結成!!
映画と女子プロレスの異例のコラボレーションを可能にしたのは、とってもキュートでしかもワイルドな、美貌と実力を兼ね備えた<破裏拳ギャルズ>のメンバーの3名(桃野美桜、門倉凛、彩羽匠)。今回、このユニット結成に「マーベラス」主宰・長与千種、<破裏拳ギャルズ>のメンバーである3選手からコメントが到着しました!そしてなんと、<破裏拳ギャルズ>結成プロモーション映像も到着!「この世に悪のある限り、正義の怒りがギャルを呼ぶ!!」とばかりに、映画のヒーロー「破裏拳ポリマー」ばりに正義の怒りに燃えに燃えている団体の若手女子レスラー3人組がこの世の悪を正します!キュートな外見からは想像できない女子たちのワイルドぶりにギャップ萌えのファンが続出の破裏拳ギャルズ結成プロモーション映像をぜひご覧ください!

<破裏拳ギャルズ>この世に悪を正すため、正義の怒りでリングで大暴れ!?

<結成に関するメンバーのコメント>
▼「マーベラス」主宰:長与千種コメント
今度の「破裏拳ポリマー」は本当に楽しみな作品。私の団体、そして私のイメージカラーである赤が正義の象徴となっていますから。アクションシーンもプロレスの技が満載ですね!世にもっと女子プロレスを出していかないといけない時に、今回、ジョイントさせていただく良い機会をいただきました!

【作品紹介】

超個性的ヒーローアクション爆誕!!!!!
70年代前半、一世を風靡した空手・カンフーブーム。ブルース・リー、千葉真一、倉田保昭、そしてアニメの世界には、あの男がいた。
怪鳥音とともに繰り出されるパンチとキックの肉弾アクション。他の追随を許さない唯一無二のヒーロー、その名は破裏拳ポリマー。
ガッチャマン、キャシャーン、ヤッターマンを生んだ、タツノコプロ史上最もフィジカルなアイツが帰ってくる!

カンフーテク×ハリウッドアクションついに実写で甦る必殺拳法“破裏拳”の世界!
ヒーローのルックにして拳法の達人、探偵にして放浪のストリートファイター。原作をアレンジしつつ、少年の心をくすぐりまくる欲張りな設定で、衝撃のアクション世界を創り出したのは坂本浩一監督。長年アメリカを主戦場とした彼が、原作のカンフーアクションへのリスペクトに加え、現代ハリウッドのハードアクションのエッセンスを詰め込んだ。主演は溝端淳平。“師匠”坂本浩一と4か月間みっちり取り組んだ格闘トレーニングを経て、ついに実写で甦った奥義・破裏拳を駆使して悪を倒す姿は観る者の心を奪わずにはおかない。これは日本のヒーローエンタテインメントの新たな発現!CGでは到達しえない接触型アクションの迫力に酔いしれろ!

タイトル:『破裏拳ポリマー』
公開表記:5月13日(土)全国公開
キャスト:溝端淳平 山田裕貴 原幹恵 柳ゆり菜 神保悟志 長谷川初範
主題歌:「悲しみ無き世界へ」グッドモーニングアメリカ(日本コロムビア/トライアド)
原作:タツノコプロ
監督:坂本浩一
脚本:大西信介
配給:KADOKAWA
映画コピーライト:©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
公式サイト:polimar.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事