【今日子のプロレス今日この頃】⑭「抱きしめてあげたい」⑦岡林裕二

こんにちわ!今日子です(^^)

 
ゴールデンウィークをいかがお過ごしですか?
 
私は試合観戦が3つに、それを上回るプロレス飲み会、と相変わらず、プロレスまみれの日々を過ごしています(^_^メ)
今回は、大日本プロレスの岡林裕二さんです。
岡林さんはとにかく明るくて楽しい方です。
太陽のような笑顔が魅力的ですよね。
飲み会でも岡林さんがいると、それだけでパッと光り輝いて見えます(いろんな意味で)。
特に征矢学さんと一緒だと、手が合うのか、2人で大盛り上がり。
「WILD!」 「ピッサリ!」と言い合い、お酒が進む進む(^_^メ)
周囲は笑いが絶えず、お腹が痛くなるほどです。
ただ、岡林さんは日本酒が苦手なんですね。
「日本酒にする?」と言うと「あ、ダメ・・・」と弱々しく言うのです。
そして、困った時には汗をかくのか、頭が結露のようになってしまいます。
それが何ともかわいらしくて面白いので、逆に、周りに日本酒を勧められてしまうのです。
春まだ浅いある日。
翌日、朝5時出発だというのに、征矢さんも来てくれて、宴会は大盛り上がり。
しかし岡林さんは、宴会の掛け持ちだったようで「すいません。次に行かないといけないので・・・」と帰ろうとしました。
それを見た征矢さんが「帰るのかー?コラー!」と、名残惜しそうに言い、周りが「じゃあ、最後に日本酒飲んで行けば」となりました。
「えええ、日本酒?」とビビってたじろいだものの、一緒に連れて来た、後輩の野村卓矢さんの手前もあり、岡林さんは、一気に飲み干したのです。しかも冷や酒を。
それまでも、散々ビールを飲んでいたので、かなり酔ったようで、顔が真っ赤になりましたが「それじゃ、お先に」と次に行ったのです。
残った私たちは、1人減り2人減り・・・しかし最後まで残った、征矢さん含む3人は終電まで飲んだくれていました。
午後3時から12時まで延々と飲み続け。バカですねー(^_^;)
帰ろうとしたところ、帽子発見! 暖かそうな毛糸の帽子です。「誰のかな?」
翌日、参加者にメールで尋ねましたが、みんな「違う」という答え。
おかしいなぁ。あの座敷には私たちしかいなかったから、他のお客さんのものではないです。
まさかとは思ったのですが、岡林さんに聞いたところ「自分のです」。
え~~~!ビックリ(@_@)。
何故、驚いたかと言うと、その帽子、すごくいい匂いがしたんです。
だから女性のものだと思っていたので。 毛糸の帽子は男女兼用ですし。
おそらく「汗っかきだから、臭わないように」と、奥さんが香水を含ませていたのだと思います。
いくらレスラーだからとは言っても、人気商売ですから、臭いのは困りますからね。
美桂夫人とも、何度かご一緒した事がありますが「全力で岡林を支えます」という、しっかりした賢夫人。
試合の日には「今日も暴れておいで」と送り出すそうです。
「米の不作は一年だけど、女房の不作は60年」と言いますが、岡林さんは大豊作ですね!
帽子のいい匂いには、感服しました。
約一ヶ月後。次にお会いした時に、忘れ物の帽子をお返ししましたが「頭、寒かったっすよ~」と言っていました。
でもその時は、もう桜も開花し、だいぶ暖かくなって来ていたので、頭部全体に汗をかいていて、やっぱり結露のようになっていました。
タオルで拭き拭き、ニコニコする岡林さん。
それが何だか、とてもかわいらしくて「抱きしめてあげたい」と思いました。
奥さんのためにも、ますますのご活躍を期待しています。
「ピッサリ祭り」また、やりましょう!(*^_^*)
抱きしめてみました。
・・・が、何だかこれでは、スリーパーに入る直前みたいですね(+o+)
柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事