【OZアカデミー女子プロレス】5.28両国大会!志田・朱里vs 小林・AKINOタイトルマッチが横浜で決定/ハム子が世志琥へセクシーポーズ要求/アレックス・リーが倉垣翼からフォール勝ち!

<大会情報>
OZアカデミー女子プロレス両国大会 ~Disorder~
2017年5月28日(日) 18:00試合開始 於:東京・KFCホール
観衆:290人

■第一試合:シングルマッチ20分1本勝負
○AKINO vs ●希月あおい
10分48秒 アキアンプロイダー ⇒ 片エビ固め
試合後に希月がMK4への勧誘を要求し、AKINOが加藤、小林にまずは希月を感じて欲しいと提案。そこからMK4への勧誘は考えると宣言した。

■第二試合:シングルマッチ20分1本勝負
△志田光 vs △小林香萌
20分00秒 両者時間切れ引き分け
小林が志田へ「勝ってもないが、負けてもいない。タッグのベルトは諦めていない」と挑戦を表明。
志田も「この間ボコボコにしたのにまだ諦めていないのか!いいよ次の6月横浜大会で受けてやる」と承諾。
※6月25日横浜大さん橋大会における、志田・朱里組vsAKINO・小林組のタッグ選手権試合が決定。

■第三試合:タッグマッチ30分1本勝負
○アジャ・コング&世志琥 vs 星ハム子&●藤田あかね
14分05秒 垂直落下式ブレーンバスター ⇒ 体固め
ハム子が世志琥へセクシーポーズを要求もこれを拒むが、会場は世志琥コール。それでも拒否するとハム子が「お客さんが求めるものをやらないなんてプロじゃない!」と煽ると会場はさらに世志琥コールが大きくなり、渋々セクシーポーズを披露すると選手、レフリー皆が吐き気という惨事になる場面もあったが、アジャ・コングが貫禄の勝利。


■セミファイナル:シングルマッチ45分1本勝負
○加藤園子 vs ●米山香織
11分33秒 クーロンズゲート ⇒ 片エビ固め
加藤と米山の初シングルマッチ。米山が加藤のデビュー曲「コノヤロー」にかけてコノヤローと攻め立て、序盤から激しい攻防となる。加藤もキックで応戦。激しい戦いとなったが最後は加藤がクローンズゲートで米山を仕止める。


■メインイベント:6人タッグマッチ60分1本勝負
尾崎魔弓&雪妃魔矢&○アレックス・リー vs 松本浩代&●倉垣翼&山下りな
15分44秒 ランニング・ニー ⇒ 体固め
アレックス・リーが尾崎の毒霧のアシストを受け、倉垣からフォール勝ち!
尾崎がマイクにて「アレックスは正危軍で2戦目だっけ、どんどん強くなるね〜」とブーイングの中も強さをアピール。


レフェリー:伊東幸子
リングアナ:中村裕之

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事