【編集長コラム】「愛のキューピッド」

 

プロレス好きの懇親会、通称「柴田会」。

 

誕生会、祝勝会でお招きしたレスラーも交えて、みんなで飲みながら楽しく交流する会。

 

メンバーは多士済々。さながら異業種交流会のようになる。

 

かれこれ、20年近く前から続いており、いろいろな出会いがあった。

 

人が人を呼び、意外な接点を発見したり、ビジネスに発展したり、新鮮で刺激的で、面白い。

 

そんな柴田会から、この度、めでたく夫婦が誕生した。

 

出会いは一昨年11月、大日本プロレスの後楽園ホール大会後、水道橋の居酒屋だった。

 

星野勘九郎、稲葉雅人の「平成極道コンビ」(当時)のお2人をゲストに迎え、20人近くでの懇親会。

 

この時まで新郎、新婦は、同じ場に居合わせたことはあったものの、話をしたこともなかった。

 

この日は、たまたま隣の席に座った。よく知らない男女。遠慮し合い、ぎこちない会話。

 

このまま終わるかと思われたが、稲葉雅人が何を思ったのか突然、「2人、付き合っちゃいなよ!」と言い出した。

 

あまりに唐突で、その場にいた全員が、あっけに取られた。

 

困惑して弱々しく笑う彼。ビックリして目を見開く彼女。

 

しかし稲葉はひるまない。

 

「手、つないでみなよ!」「2人でこの後、どこかに消えちゃいなよ!」と

 

執拗に言いつのる。

 

「はぁ・・・いや・・・、あの・・・」と、どうして良いのかわからぬ様子の2人。

アニキ・星野勘九郎はニコニコ笑うのみ。

 

お店の閉店時間となりお開き、駅で解散。「それっきりになった」と思っていた。

 

ところが!

 

昨年7月、大日本プロレスの両国大会後、いつもの飲み会で「ご報告があります。実は結婚します」と言われた。まるで脳天唐竹割りを食らったかのような衝撃だった。

 

怒涛のような「えー!」「うっそー!」「マジ!?」の後、一同沈黙。

 

一昨年11月の飲み会と同じメンバーが何人かいたのだ。

 

しばらくして「あッ! あの時から!? あ、そうなんだ!」。

 

謎が解けたというような、みんなの顔。

 

「わー、おめでとう!」今度は祝福の嵐。

 

照れる2人に笑顔のプロレス仲間。

 

いい光景だった。

 

つい先日、結婚披露宴が仙台で行われた。

 

プロレス関係の披露宴には数多く出席してきた。天龍源一郎さんに始まり、高田延彦&向井亜紀、佐々木健介&北斗晶、小橋建太&みずき舞など、プロレスLOVEにあふれた披露宴ばかりだったが・・・。

 

今回ほどプロレスまみれの披露宴は初めて。

 

二人を紹介する小雑誌は「週刊プロレス」風の作り。

 

テーブルには「高砂」「寿」「牡丹」などではなく、選手の名前がついていた。

 

 

ちなみに私は、大日本プロレスの登坂栄児社長と共に「グレート小鹿」の席だった。

 

煽りVのような2人のVTR、「時は来た!」で開宴。

 

BGMはプロレスやプロレスラーの入場テーマ曲。

 

凝りに凝ったプロレス結婚式は、素晴らしかった。

 

そして複数の選手から祝電も届き、会を大いに盛り上げた。

 

 

登坂社長が乾杯の音頭を取り、私も僭越ながら、鏡開きをさせていただいた。

 

「1,2,3、ダーッ!」で、景気良く元気に鏡開き。

 

2人の「愛のキューピッド」稲葉雅人も列席し、我が事のように嬉しそうだった。

 

首の負傷で、試合には限定出場という事だが、顔色も良く、元気そうで安心した。

 

稲葉は「いや~、おめでたいですね。本当に嬉しいですよ! 僕、見ればわかるんです。『この2人は結ばれる』って。前にもそういう事があったんです。だから『結婚する』って聞いた時『良かったな』と思ったけど、別にビックリはしなかったです。『やっぱりね』」とにっこり。

 

その笑顔は、ごつい体には似合わぬ、まるでキューピーのようだ。

 

キューピーは、キューピッドをモチーフにしたキャラクター。

 

稲葉は「愛のキューピッド・レスラー」かも知れない。

 

みなさんも、彼に見てもらっては、いかがでしょう。

 

プロレスが縁で結婚。これほど素敵なことはありません。

 

いつ何時でも、愛情を持って、最高のタッグパートナーといつまでもお幸せに。

 

プロレス結婚に乾杯!
 

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事