【プロレスリングZERO1】大谷晋二郎が火祭り出場辞退を表明!「火祭りに強い思い入れがあるからこその決断」

大谷が火祭り出場辞退を表明、田中vsライディーンは20分ドロー、火祭り覇者小幡vs天下一覇者ショーンが一騎打ち、6/18TAKESHIBAコロシアム大会試合結果

「ZERO1道場マッチ」
6月18日(日)13時00分試合開始
東京・TAKESHIBAコロシア

1・シングルマッチ20分1本勝負
〇菅原拓也(8分20秒足8の字固め)クリス・オンドーフ×

2・シングルマッチ20分1本勝負
〇大谷晋二郎(9分23秒体固め)横山佳和×
※ケサ斬りチョップ

大谷が火祭り出場辞退を表明。

大谷「本日はご来場誠にありがとうございます。まだまだ試合はありますが、少し自分に時間を下さい。今、僕は全力でジュニアヘビーの世界に飛び込んでいます。そして、ジュニアのシングル、タッグをともに手にしました。しかしながら今はシングル、タッグ共に失ってしまいました。そして天下一ジュニアも決勝にも残れませんでした。それを含め、様々な僕の思いを加味した結果、今年の火祭り、大谷晋二郎は出場辞退する事を決断しました。火祭りに強い思い入れがあるからこその決断です。決して生半可な気持ちでの決断ではありません。そんな火祭り辞退を表明した僕が言うのもおかしいですが、ZERO1所属選手以外でどうしても火祭りに出したい、出るべきな熱い男がいます。その選手の火祭り出場を火祭り実行委員会に推薦したいと思います。もし出場が決まれば皆さんにお伝えしたいと思います。火祭りに出場する選手、出場しない選手、関係スタッフ、みんなで全力で火祭りを成功させるために一生懸命頑張ります。火祭りに熱いご声援宜しくお願い致します。」

3・シングルマッチ20分1本勝負
△田中将斗(20分00秒時間切れ引き分け)ジェームス・ライディーン△

4・シングルマッチ20分1本勝負
〇小幡優作(14分34秒エビ固め)ショーンギネス×
※ダイビングダブルニードロップ

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事