【WWE】中邑、マネー権獲​得にあと一歩届かず!

© 2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

6月18日(米国現地時間)、ミズーリ州セントルイスのスコットトレード・センターにて「マネー・イン・ザ・バンク2017」が開催され、その模様が6月19日(日本時間)にWWEネットワークで放送されました。

 

◆マネー・イン・ザ・バンク戦
6人で競い合う予定だったマネー・イン・ザ・バンク・ラダー戦は波乱の幕開けとなった。中邑の入場時にコービンが背後から突然現れて、ラダーやカメラ機材を使って中邑を襲撃。この不意打ちに倒れ込む中邑はバックステージへ運び込まれてしまう。試合は中邑を抜いた5人でスタート。

ブリーフケースを狙ったラダー上での攻防では、ゼインがラダートップからジグラーにパワーボムをたたき込み、ゼインがラダーを登ろうとするとスタイルズがトップロープからフェノミナル・フォアアームを決めるなど白熱の闘いを繰り広げた。

試合中盤、コービンがラダーを登ろうとするとバックステージから中邑が現れ、会場は割れんばかりの大歓声。中邑はコービンにヒザをたたき込み場外に追いやると、続いてジグラー、ゼイン、オーエンズに立て続けにキンシャサを決めて試合を優勢に進めた。

しかし、中邑がラダーを登ろうとするとスタイルズが現れて一騎打ちに。お互いにエルボーを打ち合い、さらにキンサシャを狙う中邑をかわしてスタイルズがフォアアームを決め、続けてラダー上ではブリーフケースを狙いながら一進一退の攻防を展開。

どちらかがブリーフケースを奪取すると思われたが、最後はコービンがラダーを倒して2人を場外に落とすとブリーフケースを手に取って激戦を制した。

マネー・イン・ザ・バンク戦は「いつでもどこでも王座に挑戦できる権利書」が入ったブリーフケースを奪い合うラダー戦。果たしてバロン・コービンはいつ王座挑戦権を行使するのでしょうか。今後の王座戦線にご期待ください。

また、このPPV「マネー・イン・ザ・バンク」では女子版マネー・イン・ザ・バンク戦が行われ、エルズワースがブリーフケースをカーメラに渡して権利を獲得。さらにWWE王者ジンダー・マハルとランディ・オートンの再戦はオートンをカラスで沈めたマハルが王座を防衛した。この模様は、WWEネットワークで生中継後もビデオオンデマンド方式で視聴可能です。

WWEネットワーク:http://network.wwe.com

世界で活躍する日本人スーパースター中邑真輔に今後ともご注目ください。

===================================================
【関連サイト】

WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/

WWEネットワーク: http://network.wwe.com
※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。
※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
※1カ月無料トライアル実施中

J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/

WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index
===================================================

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事