【リアルジャパンプロレス】折原昌夫の会見に魔世軍乱入、青柳「この魔世軍のTシャツとマスクを被って、29日、出てこいや、オラ!」

リアルジャパンプロレスが6月21日(水)、掣圏真陰流本部道場・興義館にて、6・29東京・後楽園ホール大会「初代タイガーマスク 黄金伝説LEGEND OF THE GOLD Ⅶ」の第4試合でおこなわれる6人タッグマッチ(折原昌夫&グレート・タイガー&ブラック・タイガーvs魔世軍五号アレクサンダー大塚&魔世軍七号KENSO&魔世軍二号with青柳総裁)についての記者会見をおこなった。会見には折原が出席、「伝えたいことがある」と、カードについてのコメントを出した。

折原「雨の中わざわざありがとうございます。この前(4・17後楽園)から現われた魔世軍なんですけど、今回この試合、実はボクの方からぜひとも組んでもらいたいと社長の方にお願いして今回組むことになったんですけども、正直、ボクら、グレート・タイガーとブラック・タイガーと折原昌夫が組んだのもこの前が初めてで、この3人が3人ともオレがオレがで全員がベルトを狙ってる。そういう一人ひとりがアクの強いルードだったので、実際にそのチームを組んでみてどうかなと思ってたけど、けっこう息が合うんだよね。なんかこう、おもしろいチームになるんじゃないかなと、これをきっかけに。オレはそう思ってる。

そのなかでオレは決してひとつにまとまろうと思ってないし、今回、ひとつにまとまった理由というのは、魔世軍、急に現われたこのチームをどうにかしないといけないなと。

邪魔なんだよね。ずっと数年間ここでなにかを変えていきたいなと思って頑張ってきてるんだけど、ちょっと前にいた大仁田軍。それもそうだったけど、ちゃんとした目的を持たずに来られると、ものすごい邪魔なんだよね。テンションが下がる、オレがいつもやってきたことが。だからとりあえず休戦かな、正規軍との闘いは。

まず、ファンがどう思うかはわからないけど、今回は悪対悪、ルード対ルードになるんだけれど、まあ正直、オレたちの悪さには勝てないだろうね。バッチリ、ウチのチームワークはすごくいいのでね、似た者同士だから、オレたちの攻めにはたぶんついてこれないと思うよ。即席の悪投のチームを作ってもね。今回このチームと魔世軍で試合をすることによって、いままで見てきたリアルジャパンファンの方々にどれくらいの注目度があるかっていう。それだけボクは実はずっとルードをつづけてきて一番気になるというか、気になるところの何カ所のナンバーワンにきてるよね。そういう意味で、迷惑。座を取られるというか、そんなには焦ってないけど。

なんだろうな、黒いのが。とくにいまはちょっと脚にケガしてリングから去ってるけども、館長、青柳館長。チームのリーダー。むかし、さんざんオレは世話になってるから、リングの上で。さんざん顔面蹴られてるし。久しぶりに現われたし、オレの前に。アレクサンダー大塚とかKENSOとか、あとは黒い覆面を被ったヤツら、それよりもこのオッサンを、オッサン対折原昌夫ひとりでもいいかなと実は思ってる。まあでも黒いのがブラブラして邪魔なんで、オレら3人の勢いをこのへんで見せつける。

正直、(魔世軍は)今回が2回目だけども、リアルジャパンのリングに上がるのは。まず、コイツらをぶっ潰して、このオッサンにもちょっとわからせてやろうかと思ってる。甘いこと考えてるんじゃないかなと思うんだよね、このオッサン。アレクに関しても、なんでそっちに寝返ったかなと思ってるし」

そこへ魔世軍(青柳総裁&魔世軍五号)が登場し、折原と対峙する。

折原「やっぱり来たか。なんだよ、オマエ。やってやるよ!」

両者が睨み合うと、青柳総裁が折原に襲いかかる。

青柳「五号、手を出すなよ」

折原「なにしに来てんだよ?」

青柳「腐ったようなカードを発表するんじゃねえよ、コノヤロー!」

折原「目標があるんなら言ってみろ!」

青柳「目標? プロレス界のためだよ、バカヤロー!」

さらに青柳総裁が折原を暴行。折原はほとんど抵抗できず…。

青柳「この魔世軍のTシャツとマスクを被って、29日、出てこいや、オラ! オマエら3人とも魔世軍がぶっ潰すから、いいか! わかったか、コラ! いいか、29日だ! いいか、このマスク、オマエたちにやるからな」

折原「……」

折原はダウン。魔世軍が去る。

魔世軍は別室でコメント。

青柳総裁「五号、燃えてきたな。プロレスがおもしろくなってくるんだ、プロレスが! 29日、オレたちの3人のチームがリアルジャパンのリングであのクソガキたちをメッタメタにするから、覚悟しとけよ! 29日はなにが起こるかわからないぞ。わかったか? 折原! オレとアイツには遺恨がある。よけいにおもしろくなってきた。アイツが試合に出れないように徹底的に痛めつけるから。折原、オマエ、オレが狙うから覚悟しとけよ。いいか? 以上!」

魔世軍が去り、回復した折原があらためて会見場でコメント。

折原「なにがしたいかわかんないんだよ。今日だってそうだろ。聞いてんのか、会社は?」

平井代表「……」

折原「なにがしたいんだよ?」

平井「存じません…」

折原「あんなんでな、客なんか来ねえよ。おもしろくするのはオレたちだから、この団体を。無駄金使ってんじゃねえよ。おい、社長、オマエに言ってんだよ、平井! そうだ。もうちょっとマシな対戦相手を考えろ!」

平井「……」

折原「それから、こんなもん(魔世軍のTシャツとマスク)置いてったけど。これ、これ。なんだこれ? これ(Tシャツ)をオレに着ろってか。それとこれ(マスク)。リアルジャパンってこういう選手が上がれるようなところだったのか? 違うだろ。選抜された選手ばかりじゃねえのかよ」

――(いま襲撃に遭ったが)29日の対戦カードには納得している?

折原「納得してますよ。これは組んでくれと言ったから、十分納得してますよ。そして、今回でカタつけるから。

だいたいこんなの見たくないでしょ、正直。でも1回はハッキリさせとかないとね。ズルズルズルズル、こんな抗争なんてファンも期待していないと思うし、今回に関してこれでカードには納得してるし、今回で終わりにしてみせるから。キッチリと3カウントだよ。ルードが3カウントというのもおもしろいけどね、ガッチリ3カウントを取って終わりにするから。

だいたいさ、気になっちゃうだろ。なんでマスクマンなのにアレクサンダー大塚って名前が出てるんだよ。なんでマスクマンなのにKENSOって名前出してるんだよ。なんでもうひとりは名前を出さないんだよ。

なんなんだ、このバラバラなチームは。なにがコンセプトなんだよ。なにが悪だよ。笑っちゃうだろ、こんなの。むかしメガホン持って、ムチ持ってわいわいやってた大昔にそんなオッサンがいたけど、それと同じじゃねえか。自分がリングに立てないから、こんどはマネジャー役やって、カネ稼いでるんじゃねえだろうな。そんなヤツにカネなんか払ってるんじゃねえって言ったんだ、さっき社長に。もっと大事にしなきゃいけないチームもいるし選手もいるだろうって。もっと育成してって強いヤツを出していくところじゃないのかよってオレは言ったんだよ。

くっだらねえ! 結局なんだよ、今度も。こんなヤツが来るから、オレたちが本来やりたいこといったん中止して、こういうヤツとやって、ショー的なことしなきゃいけなくなるんだろうが。プロレスだから、やるよ。オレ好きだし、そういうの。ただ、やっちゃうよ、ホントに。いまは悪いけど、やられたんじゃないからな」

――大会当日は青柳総裁が介入してくることが予想されるが。

折原「そうだね。オレはアイツをリングに上げたいから、アイツをやらないと気が済まないね。

恐いわけじゃないよ、アレクが、KENSOが。そうじゃないよ。そうじゃないけども、そっちを相手にしてもしょうがないだろ。マスク被ってやってるのはオレの想像だと、自分の気持ちを抑えてなにかに操られてるんだろ、結局。なにかで、結局は。

ヤツらをやったってしょうがないよ。(青柳)館長だよ、館長。一対一だよ。次は一対一だと考えてるよね。正直、あの人がベストな状況で、ケガをしているんであればケガを治して、ちゃんとしたかたちでまた白い道着を着て上がってこいよ。あのときはまだまだオレも新人だったし、他団体の雰囲気に呑まれてたってのもあったし。あれから何十年もたってるしね。蹴りに関してもここでガッチリ習ってきたつもりだから。防御に関しても。蹴りひとつしかやってこなかったヤツがオレに勝てないよ。時は流れてるし。ジジイになってるんだよ、向こうも」

――次の闘いできちんと勝利をおさめて一対一をアピールする?

折原「ああ、だから次は3カウントだよ。それでアイツらが気持ちが収まって小さくなっちゃったらそれで終わりだろ。それでもアイツらが出てくるんだったら、ひとりで、一対一でやってやるって。アイツができるんであればな。たぶん終わりだろ、3カウント取ったら、ビビって出てこれないだろ。

オレはみんなが知ってる通り、首に大きな爆弾を抱えてるし。ふだん生活してる上でも痛みとの闘いもあるけれども。欠陥商品がリングに上がってなにができるんだと言われたときもあったけど、逆に考えてみろよ。こんな大きなケガをしてて、やってきてるんだぜ。全然レベルが違うんだよ。そして佐山先生の道場では折れない気持ちを徹底的に叩き込まれたから。いまだからやってやるよ。

今日だって(魔世軍が)なにしに来たかわかんねえだろ。なにか言い残していったか? これ(Tシャツとマスク)か? これなんだよ? なんだかわかんねえだろ。オレに着ろってか? なかなか、テンションが上がってないときに襲撃されると抵抗できないね…」


リアルジャパンプロレス佐山サトルプロデュース 初代タイガーマスク黄金伝説『LEGEND OF THE GOLD Ⅶ』
6月29日(木)開場/17時30分 試合開始/18時30分
会 場 :後楽園ホール
席種・料金:VIP席(特典付):12,000円/RS席:8.000円 /A席:6.000円/
B席:5.000円/トライアルシート:3,000円
※「トライアルシート」は、初めてリアルジャパンプロレスを観戦される方対象の限定席。

チケット購入先:
★e+(イープラス) :http://eplus.jp/tiger/(パソコン&携帯)
※特製カラーチケット仕様(配送の場合)ファミリーマート店内Famiポート
★チケットぴあ   :0570-02-9999(Pコード:835-901)、チケットぴあのお店及び、
セブンイレブン各店、サークルK・サンクス各店、http://pia.jp/t   
★ローソンチケット :0570-084-003(Lコード:32337)、ローソン各店、http://l-tike.com/
★CNプレイガイド : 0570-08-9999、http://www.cnplayguide.com/(パソコン&携帯)
★後楽園ホール:03-5800-9999、★プロレス・マスク・ワールド:03-6261-1988、
★チケット&トラベル T-1:03-5275-2778、★エンドウジム:03-3633-8068、
★リアルジャパンオフィシャルショップ http://rjpw-shop.ocnk.net/ ほか

主 催 :有限会社リアルジャパン、リアルジャパンプロレス、掣圏真陰流本部 興義館
お問合せ :リアルジャパンユーレカ事務局 03(3833)3662
—————————————
■対戦カード:
—————————————
<メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
[第11代王者]大谷晋二郎(ZERO1)
vs
[挑戦者] 船木誠勝(フリー)

<セミファイナル シングルマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)
vs
ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
—————————————
<第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
折原昌夫(メビウス)
グレート・タイガー(国籍不明)
ブラック・タイガー(国籍不明)
vs
魔世軍五号アレクサンダー大塚(魔世軍)
魔世軍七号KENSO(魔世軍)
魔世軍二号(魔世軍)
with 青柳総裁
—————————————
<第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
倉島信行(ドラディション)
松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)
vs
タカ・クノウ(チーム太田章)
小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
青木篤志(初参戦/全日本プロレス)
—————————————
<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
間下隼人(リアルジャパン)&山本SAN(COMBO)
vs
力(リキ・エンタープライズ)&LEONA(ドラディション)
—————————————
<第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
vs
戸井克成(フリー)
—————————————
※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。
(情報提供:リアルジャパンプロレス)

(´-`).。oO(きこえますか……きこえますか……)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事