【WRESTLE-1】アンディ・ウーがベルト奪取!リザルトチャンピオンシップは伊藤貴則が2代王者!

「WRESTLE-1 TOUR 2017 SYMBOL」
7.16大阪・平野区民ホール大会
(観衆:213人)

▼エキシビジョンマッチ 3分
△皇壮馬(Pro-Wrestling ACE)
(3分00秒 時間切れ引き分け)
佐藤嗣崇(WRESTLE-1練習生)△

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
〇神威(FREEDOMS)
(5分50秒 ひらかたカッター→片エビ固め)
一×(Pro-Wrestling ACE)

▼第2試合 UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第58代王者組】征矢学&NOSAWA論外&〇タナカ岩石(Pro-Wrestling ACE)
(9分54秒 タナカロック)
【挑戦者組】カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎&頓所隼×(Pro-Wrestling ACE)
※第58代王者組・征矢学&NOSAWA論外&タナカ岩石組、初の防衛に成功。

▼第3試合 WRESLE-1チャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ 30分1本勝負
芦野祥太郎&〇児玉裕輔&立花誠吾(Pro-Wrestling ACE)
(13分6秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め)
黒潮“イケメン”二郎&稲葉大樹&吉岡世起

▼第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
〇河野真幸&近藤修司&ダイナ御堂(B168プロレス)
(12分47秒 ランニングニー→片エビ固め)
熊ゴロー&三富政行×&正岡大介(FREEDOMS)

▼第5試合 WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ 60分1本勝負
【初代王者】×土肥孝司
(10分48秒 ジャーマンスープレックスホールド)
【挑戦者】伊藤貴則〇(Pro-Wrestling ACE)
※初代王者・土肥孝司、4度目の防衛に失敗。伊藤貴則が第2代王者となる。

▼メインイベント WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第9代王者】×MAZADA
(17分28秒 飛鴻→片エビ固め)
【挑戦者】アンディ・ウー〇
※第9代王者・MAZADA、2度目の防衛に失敗。アンディ・ウーが第10代王者となる。

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事