【ドラゴンゲート】2017/7/23 KOBEプロレスフェスティバル2017試合結果・観戦記 その1 会場入りから第1試合まで

広島のイラストレーター『えな屋』さんによる、イラストを交えたプロレス観戦・感想日記!

こんにちは!えな屋です。
神戸ワールド記念ホール大会、ことKOBEプロレスフェスティバル2017!
観戦されたみなさんお疲れ様でした!

昨年はPPVで観戦しましたが、今年が現地に行ってまいりました!
今回は第0試合、第1試合の観戦記。
そしてちょっと蛇足かもしれませんが、会場入り前のエピソードなどをかいていきます!

目次

神戸に到着!ワールド記念ホールへ!

バスに揺られて4時間、神戸に到着しました!
ポートライナーに乗り、いざ!神戸ワールド記念ホールへ!

ポートライナーで移動中、近くのおじさまが突然「あ。土井や」と言われてビックリ!
えええ?!まさかご本人が?!と思いきやまさかの私がきているシャツのことでした。
その後ドラゲーの話を駅に着くまで色々話して移動中楽しい時間が過ごせました♪

会場に到着!

到着後は売店近くで持ってきていたMaxiMuMうちわをパタパタ仰ぎながら一休みしていました。
そこで色んな方にお声かけいただいたのが本当に嬉しかったです。

えっ?!なんで私だってわかるんだろう…?と思っていたら…、もしかしなくてもTシャツでした。
短い時間でしたがお話しできてうれしかったです!
声をかけてくださった皆さん、ありがとうございました。
また見かけたら声かけてやってください~!

その後ガラガラゲートを2回分して、幕をはりに2階席へ。
私は1階席北側の席での観戦だったんですが、ワールド記念ホールは2階も見えやすいですね!
会場も程よく空調がきいていて快適でしたε-(´∀`*)

【第0試合】しゃちほこBOY VS ドラスティック・ボーイ

15時前、第0試合がスタート!
ドラスティック・ボーイ選手としゃちほこBOY選手の「ボーイ」対決!
しゃち選手は赤を基調としたマスク&コスチュームで登場!
エアギターをかきならしながら入場してきました。

序盤しゃち選手、(恐らく)「コエダシテイコ~」と雄たけびを上げ気合中分です!(素で聞き取れなかった)
しかしドラスティック・ボーイ選手がドロップキック!
その後スリーパーでシャチ選手の首を締め、バックエルボーからのその場飛びトルジーニョで畳みかけるように攻撃!
しかししゃち選手、カウンターのコルバタからのミサイルキック!
そのまま何度もフォールをとりにいきますがいずれもカウント2。
最後はドラスティック・ボーイ選手がハンドスプシング式のキックから、マッドスプラッシュでしゃちほこBOY選手から3カウントをとりました!

ドラスティック・ボーイ選手は試合後、丁寧に四方に向かいお辞儀をしていました。

15時 KOBEプロレスフェスティバル2017開幕!

第0試合終了後、15時。いよいよ開幕です!
ビッグマッチ恒例のこのプラネタリウムのようなライトアップ。
これがぐっとドラゲーの世界に引き込んでくれますよね。

【第1試合】石田凱士/シュン・スカイウォーカー/ワタナベヒョウ/吉岡有紀VS望月成晃/ドン・フジイ/ジミー神田/ジミー・クネスJ.K.S.

石田選手率いる若手選手vsベテラン軍の対決です。
若手メンバーと共にCIMA選手、キッド選手、問題龍選手も登場です!
CIMA選手がマイクをとります。

とOVERGENERATION各人、「今日という日に向けて意気込んでいるぞ」とマイクをされるCIMA選手。
ここで今回は欠場となってしまいましたが、問題龍選手に一言言ってもらおうとマイクをバトンタッチ!

問゛ち゛ゃ゛ん゛!
どこにいても、問題龍は問題龍!
試合にでられなくても「OVER GENERATION」の問題龍です。
最近セコンドにいる姿が見受けられましたが、久々に声がきけて嬉しかったですね!

その後ゴングキッズのコーナーに。
今回のキッズは2階席の一番後列の男の子!問題龍選手が迎えに行きます。
キッズのドラゴンゲートで一番好きな選手は「吉野正人選手」

しれっとツインゲート戦への勝利を約束するCIMA選手。
ゴングキッズの少年は元気にゴングを鳴らしてくれることを約束してくれました!

その後、望月・フジイ・神田、クネス組のベテラン選手が入場し試合開始!

まずは吉岡選手とフジイ選手のマッチアップです。
序盤からチョップで攻める吉岡選手!
時々フジイ選手に投げ飛ばされながらも持ち前のガッツですぐさま立ち上がり、ドロップキック!
果敢に攻めていく姿が印象的でした。

続いて石田選手と望月選手。
石田選手、鋭い蹴りで望月選手に攻撃をしかけますが避けていく。
キックボクシングを主軸にした石田選手のキックはスピードもハンパないのですが…動きを読んでるんですね。
さすが望月選手です。
望月選手が石田選手に集中している隙に若手選手が一気にリングに入り込み、ベテランチームに奇襲をかけます。
全員でフジイ選手をリング外に落とす姿も(笑)

しかし反撃にとクネス選手・神田選手が入りお返しに攻撃。
そのまま吉岡選手の頭を下にして両足を持ち上げ「Y」のような形に。
…ときたら。
望月選手のカカト落としが吉岡選手の急所にドシンと!!
痛そうにうずくまる吉岡選手ですがクネス選手・神田選手。
もういちど足を上げる。
望月選手の後ろに控えていたフジイ選手が急所にツッパリ!

その後石田選手にタッチをつなげますがベテラン軍に捕まってしまいます。
望月選手のキック、神田選手のジョンウー2連発、フジイ選手のチョークスラム、そしてクネス選手のD3!
そして光の輪でフォールに持ち込みますがここはシュン選手、ヒョウ選手がカバー。
その後望月選手がリングインしますが、光の輪をくらった直後にも関わらず、すぐに立ち上がり攻めに転じる石田選手素晴らしかったです。
キック合戦に持ち込みカウントをとられるも1で返す!
ツイスターを食らってもまだ返す!
しかし最後は「真・最強ハイキック」で3カウント。
8分21秒望月選手の勝利となりました。

試合後市川選手登場?!自分が組まれていないことに不満

望月選手の入場曲が流れ全員で「モッチー!」コールです!
見上げれば~星のように~ モ~ッチー!
ちりばめた~無数のライト~ モーtt…

と!!!
ここでテレテー!テレテー!と陽気な曲が流れてきました!
運命〜ウィリアムテル序曲。

そう、今日試合が組まれていない“ハリウッド”ストーカー市川選手の登場です。
「若手は試合が組まれているのにレジェンドの俺がなぜ今日組まれていないんだ!」と不満を語ります。試合を終えたばかりの望月選手がマイクを握ります。

望月選手の提案に市川選手、ちょっと悩みつつ「一番疲れてそうだから吉岡」と指名します。
しかし会場の反応が悪く「じゃあ望月!お前とやってやるよ!」と指名選手を変更!
「最初に言っておくが再試合はなしだからな!」と望月選手も了承し緊急試合が決定しました。

【緊急決定試合】望月成晃 VS “ハリウッド”ストーカー市川


序盤から望月選手のキックをかわし、スクールボーイでいきなりフォールを狙う市川選手。
これは2で返されます。
その後、場外にいる望月選手に対して「と~ぅ!」とブランチャを狙いますが…これはスッと無視されるように交わされます。
リングに戻された市川選手はコーナーポストに。
ここで望月選手、さきほどまで試合をしていた7人をリングに呼び込み市川選手に対し8人で連続串刺し!!!!
「もう一度行くぞー!」と市川選手を再度ポストに追い込もうとする望月選手。
しかし今度は市川選手が逆に望月選手を反対側のコーナーに打ち付けます!
今後は先ほどまで試合をしていた7人が望月選手に連続串刺しです!
さきほどまでパートナー、神田選手・クネス選手・フジイ選手も容赦なし。
最後に市川選手が望月選手に飛び込みますが、望月選手これは回避。

リングにはなぜかフジイ選手も残っています!
モチフジで連携を狙いますが、市川選手が望月選手の攻撃を避け誤爆してしまいます。
これに怒ったフジイ選手、ラリアットからのジャーマンを望月選手にお見舞い。
その後、神田選手もリングインして倒れた望月選手を抑えます!
フジイ選手がさらに市川選手をアシストし、カンチョー!
その後、なんと望月選手にジャーマンでカウントを狙いますがここは2。
最後にもう一発!とさらにジャーマンスープレックスを仕掛ける市川選手ですが…
持ち上げられず文字通り手がすっぽ抜けてしまい望月選手の背後でブリッチのような体制に。
その市川選手のお腹の上にちょん、と望月選手が乗りそのまま3カウントをとりました。
試合時間3分32秒。

5分にも満たない試合だったかもしれませんがたくさんの要素がぎゅっとつまった濃密な3分間でした!

次はトライアングルゲート1DAYトーナメント!

さあ、第2試合からはいよいよベルト戦です。
トライアングルゲートの挑戦権をかけて戦う、2カウントルールの1DAYトーナメント。
はたして挑戦権を手に入れるのはどのユニットか…!

KOBEプロレスフェスティバル2017観戦記 その2に続く

えな屋
プロレス女子歴4年目のイラストレーター。
DRAGON GATE(ドラゴンゲート)・新日本プロレスなど、観戦日記や漫画・イラストを投稿。
普段は企業のWebデザイナーとして働きながら、イラスト制作依頼のご相談も受け付けています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事