【編集長インタビュー】「ミヤマ☆仮面」垣原賢人が藤原喜明組長と「道場スパーリングマッチ」に挑む

――第2試合からメインイベントまで、UWFルール。メインイベントは「冨宅祐輔VS丸藤正道」です

垣原 冨宅選手は新生UWFの同期。彼はすごい実力者ですよ。「カッキ―ライド」をしめるのは彼しかいません。丸藤選手は実は「キングダム」の入門テストに合格しています。僕も試験官でした。「学校を卒業してから」と待機しているうちに、キングダムが解散してしまった。全日本プロレス時代に、彼が練習生になり、道場で再会しました。アンタッチャブルでチームを組んでいたし、丸藤選手とは何かと運命を感じている。大会当日、彼がどんなコスチュームで登場してくるのか、ファンの皆さんも注目でしょうが、僕もワクワクしています。

――セミファイナルは「鈴木みのるVSロッキー川村」です

垣原 鈴木さんは新日本プロレスのチャンピオン(NEVER無差別級王者)で川村選手はパンクラスのチャンピオン(ミドル級キング・オブ・パンクラシスト)。新日本プロレスとパンクラスの王者対決ですよ。「世界一性格の悪い男」と「エイドリアンのロッキー」との激突でもあります。たまらないじゃないですか。

――第4試合は「鈴木秀樹VS野村卓矢」ですね

垣原 秀樹選手は宮戸優光さんの UWFスネークピットジム出身で、BJWストロングヘビー級王者。野村選手は大日本プロレスの新鋭でキックが得意。彼らが「UWFルール」で真っ向ぶつかります。いつもとは違ったバトルになりそうで、闘う二人も、見守る我々も興味津々です。実は秀樹選手は彼がプロデビュー前に、スネークピットで僕がビル・ロビンソンさんから教えてもらった「グランドヘッドロック」の実験台だった。ロビンソンさんの弟子でもある秀樹選手がどれだけ成長したのか、僕も期待しています。

――鈴木秀樹選手は垣原さんのことを「プロの凄さを教わった人」と言っています

垣原 自分より小さい僕が、自分より力が強かった訳ですから、ある意味衝撃だったじゃないでしょうか。「プロの力」を見せつけられて良かったです。

――「中野巽耀VS中村大介」が第3試合です

垣原 中野選手といえば「ミスターUWF」。今でも誰よりも「UWF」にこだわり「UWFの香り」を身にまとっている。あの頃のままですよ。いい意味で時が止まっているんじゃないですか。中村選手は田村絜司さんの弟子。いわば「UWF新時代の旗手」ですよ。「Uを愛する者」同士の時空を超えたバトルです。

――第2試合の「船木誠勝VS田中稔」は?

垣原 船木さんにはUWF時代、公私ともにお世話になりました。稔選手もUWFが大好きで、憧れて、藤原組に入門した。プロレスルールでは何度か対戦している2人ですがUWFルールでは初めて。これも夢のカードですよ

――全6試合、全てが見どころたっぷりです

垣原 現在、プロレス界では新日本プロレスが先陣を切り黄金時代の勢いを取り戻しています。MMAの世界も低迷期から完全に抜け出した。「プロレスと総合のハイブリッドであるUWFを再現する」のがカッキーライドのコンセプトなのです。皆さんそして僕も心が躍っています。

――前回は「カッキーエイド」でした。今回は「カッキ―ライド」ですが?

垣原 僕を援助していただけたのが「カッキーエイド」。今回は「助けていただいた人たちに恩返し出来たら」と開く大会。「エイド」の次は「ライド」かなと。ゴロ合わせでもあるんです。

――どんなコスチュームで恩返しですか?

垣原 桜庭和志選手から入院中に「カムバックの日を待っています」とプレゼントしてもらった、全身をカバーする桜庭スタイルのコスチュームを着用します。「青とオレンジ」です。スパーリングマッチですから、レスリングシューズです。病気と闘う人だけではなく、すべての人に勇気を与えられるような試合ができるよう、今の自分の最大限を出して全力を尽くします。期待していて下さい。

血液のがん「悪性リンパ腫」との闘いで「攻めたい」とリング復帰を決めた垣原。自らを「がんサバイバー」と笑い飛ばすなど前向きそのもの。大会名「カッキーライド」には応援してくれる人たちへの感謝の思いが込められている。彼の勇姿に勇気と元気をもらえることは間違いない。

 

 

大会名:垣原賢人復帰戦~カッキーライド~
日時:8月14日(月)18時30分開始 17時30分開場
会場:東京・後楽園ホール
主催:カッキー応援隊
協力:大日本プロレス

<全対戦カード>
第1試合 UWF 道場スパーリングマッチ(時間無制限)
藤原喜明 VS 垣原賢人

第2試合 UWF ルール(30 分1本勝負)
船木誠勝 VS 田中稔

第3試合 UWF ルール(30 分1本勝負)
中野巽耀 VS 中村大介

第4試合 UWF ルール(30 分1本勝負)
鈴木秀樹 VS 野村卓矢

セミファイナル UWF ルール(30 分1本勝負)
鈴木みのる VS ロッキー川村

メインイベント UWF ルール(30 分1本勝負)
冨宅祐輔 VS 丸藤正道

席種:
特別リングサイド¥7,000(当日¥7,500)
リングサイド  ¥6,000(当日¥6,500)
指定席A    ¥5,000(当日¥5,500)
指定席B    ¥4,000(当日¥4,500)
立ち見席    ¥2,500(当日のみ)

チケット販売所
チケットぴあ:https://goo.gl/ihM6Gu
ローソンチケット:https://goo.gl/LkuSGE
e+(イープラス):https://goo.gl/bFQYif
後楽園ホール、プロレスショップ・チャンピオン、書泉グランデ
問合せ:03-5212-8866(株式会社プッシュアップ/担当・藤本)

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2