【新日本プロレス】1.4東京ドーム・IWGPヘビー級王座への挑戦権マッチは粘る後藤を退け、ケニー・オメガが辛勝!!

1.4東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証をかけた後藤洋央紀ケニー・オメガの一戦。

 

ケニー・オメガからもう後がないと言われる後藤、勝ちたいではなく突き抜けたいと語る後藤。

後藤はがむしゃらにオメガに向かっていったが、彼が本当に戦っているのは今までの自分自身のように思えた。

 

オメガを追い込み、東京ドームのメインは後藤なのかと思われたが、

一進一退の攻防をものにし、メインの座を引き寄せたのはテクニックで上回ったケニー・オメガだった。

(チャレンジャー)

× 後藤 洋央紀

[21分52秒]
片翼の天使→エビ固め

※オメガが権利証の防衛に成功  

(権利証保持者/

G1 CLIMAX 26優勝者)

○ ケニー・オメガ

 

(連続写真でご覧ください!)

8-2_r8-7_r

8-12_r

→次ページより試合開始!

マスクドSkywalker
プロレスTODAYの新米編集部員。
技の名前と昭和プロレスを日課勉強中!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3