【DDTプロレスリング高木三四郎 大社長インタビュー②】DDTの未来像・W-1経営の違い・DDTに必要なレスラーとは?

imgp7073_r

【1】DDTプロレスリングの未来像とは?

 

DDTプロレスリングの未来像について、こういう事をし行きたい、というのはありますか?

 

〔高木〕 全国区にしてみたいというのはあります。プロレスというジャンルは、キーワードとして知られているが、世間一般の人からしてみれば、誰が活躍しているか、どういう団体があるかが、ほんの一握りしか知らないと思います。世の中にレジェンド的なスタンスを持つ人は知られているけど、そういう人たちがいつどこで試合をしているかを誰も知らないと思いますし、世間的なステータスを上げて行きたいなと思います。

 

そういう意味では、LiLiCoさんしかり、芸能人の起用や世間への発信はされていると思います。

 

〔高木〕 LiLiCoさんはもともとプロレスがすごく好きだったみたいで、うちでスペシャルリングアナウンサーとして両国大会に来ていただいたとき、たまたま目の前でゴージャス松野さんがアイアンマンのチャンピオンベルトを持ったまま倒れちゃって、空気読むのがすごいので、そのまま抑えちゃったという。

聞いたら「チャンピオンベルトを持ったら私がプロレスデビューできるんじゃないかと思っていた」と言っていたので、その気持ちはあったと思います。こちらかのアプローチはあまりしていなかったけど、LiLiCoさん本人がはもともとプロレスをやりたかったんです。「『ハッスル』に出たかった」と言っていたくらいです。メジャータレントとしてやっていたのでタイミングがなかったらしいんですけど。今は充実しているみたいですよ。

 

他の選手も求婚して結局「いいや」みたいな流れも見ていてもおもしろいなーと思いました。

 

〔高木〕 LiLiCoさん本人にとってはたまったもんじゃないでしょうけど(笑)

 

その流れに乗っかったLiLiCoさんはプロレス頭をお持ちで、そういう人の方が受け入れられやすいですよね。

 

〔高木〕 LiLiCoさんはしゃべっていて、芸能界はプロレス以上に荒波なわけで、いかにくぐり抜けて渡ってゆくかという話を聞いていると、僕が親しくしている北斗晶さんに似ているというか、すごく気配りが細かい人なんですよ。ひさしぶりに北斗さんと会話しているような緊張感を味わいました。北斗さんから電話がかかってきたら(私なんて)直立不動ですよ(笑)

気配りがすごい方で、演者だけじゃなくスタッフの方にまで気を配っているのはすごいなと思いました。タレントさんで売れるタレントはこういう人なのだなと。プロレスをやらなかったとしても全然成功していたのではと思います。どのジャンルでも成功していたと思います。

 

高木社長が見てそう思われるということは相当では。

 

ほんとにすごいですね。

 

⇒次ページ 【2】W-1とDDTプロレスリング経営の違いは?

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3