【編集長インタビュー】ダイナマイト関西「幸せでした」

一点の曇りもない。晴れやかな顔でダイナマイト関西が引退試合に臨む。12月11日(日)、東京・後楽園ホール大会の尾崎魔弓戦を最後にリングを下りる関西がラストマッチを前に「大好きなプロレスをやり尽くした。幸せでした」と胸の内をさらした。

 

――晴れやかな、すっきりしたお顔ですね

関西 思い残したこと、やり残したことはありません。悔いはないです。体力の限界を感じて辞めます。自分自身で納得しています。これまでも、私はすべて自分で決めて来た。今回も自分の決断です。

 

――膠原病と長い事、闘っていらっしゃる?

関西 今でも完治はしていません。一生、付き合っていくことになる。数年前には、肺がんで左肺の半分を取りました。5年、経過して転移もなくこちらは大丈夫です。

 

――お医者さんは何と?

関西 本当はずいぶん前から、ドクターストップですよ。でも、私はプロレスと仲間に支えられて病気を克服できたんです。プロレスがなかったら、とっくに病気にやられていたかも知れません。プロレスに感謝ですね。

 

――尾崎魔弓選手とのラストマッチです

関西 私の良いところも、悪いところも引き出してくれる相手。逆に尾崎の全てを、私も引き出せる。寮生活をしていたころからの盟友でありライバル。引退試合は、彼女しかいません。ファンの皆さんに「もっと見たかった。何で辞めるのか」と言ってもらえるような試合をします。惜しまれてやめたいですね。後輩の選手たちには、言葉で色々と教えて来ましたが、言葉では伝えきれないモノもある。しっかりと見届けて、選手各々、感じ取って今後に活かしてほしい。

――30年間のレスラー人生。思い出は尽きないと思います。さまざまな相手と闘い、多くのベルトを獲得しています

関西 それぞれに思いはありますが、アジャ・コングから奪ったWWWA世界王座が一番ですかね。「ダイナマイト関西」が世間に伝わったキッカケになった抗争でした。

 

――技ではいかがですか?

関西 スプラッシュ・マウンテンが完成した時は、手応えがあった。バックドリップもいくつもの試合でポイントとなった。対戦相手それぞれの特徴やクセもあるし、技も生き物ですね。パワーを活かした技には思い入れがある。逆に丸め技や返し技は大嫌い。ルチャ系も苦手。そういう技を見ているのは楽しいけど、自分が仕掛けられると困っちゃう。真っ向勝負が身上です。

 

――スプラッシュ・マウンテンは、使う選手もたくさんいるポピュラーな技になりました

関西 嬉しいですね。自分が引退しても、自分が開発した技が受け継がれて行くのは。自分が闘って来た「証」ですからね。

――デビュー当時は「ミスA」というリングネームでした

関西 実は、あの名前は、私は嫌だったんです。抗議し続けていました。元々「タイガーマスク対『ダイナマイト』・キッド」の攻防に 心を躍らせ、クラッシュギャルズを見て「プロレスラーになりたい」と決めたんです。前田日明さんや高田延彦さんにも憧れていました。「ダイナマイト」のようなパワーも身に付けたかったし、関西人でもあるし「ダイナマイト関西」は、すんなり決まりました。頑張れるリングネームで良かったです。

次ページ:プロレスは人生そのもの。本当に幸せでした。これからは……

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2