【WWE】“女帝”アスカが調印式で王者ベッキーに毒霧噴射!

米国現地時間1月13日、ケンタッキー州レキシントンのラップ・アリーナにてロウが開催された。

◆“女帝”アスカが調印式で王者ベッキーに毒霧噴射!

PPV「ロイヤルランブル」でロウ女子王座をかけて対戦する“女帝”アスカ(withカイリ・セイン)が調印式で王者ベッキー・リンチに毒霧を噴射した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ベッキーと向かい合ったアスカは「お前はワシに勝てへんて何回言わせるんじゃ。バカバカバカバーカ!」と関西弁でまくし立てると、カイリは和傘でベッキーを突っついて挑発した。

さらにアスカとベッキーが契約書にサインしてベッキーが「強い方が勝つ」と言うと、突如アスカがベッキーの顔面に毒霧を噴射。

ベッキーが目を開けられずもがき苦しむ中、アスカとカイリはベッキーを嘲笑いながらリングを後にした。

バックステージでアスカは「ベッキーみたか!めっちゃ笑けたな。めっちゃ負けてんねんあいつワシに。アホちゃう。もうロイヤルランブルも勝ちゃうで。私強すぎるからしゃーないな」とカイリと共に王座戦に向けて余裕の勝利宣言をした。

アスカとベッキーのロウ女子王座戦が行なわれるPPV「ロイヤルランブル」は日本時間1月27日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事