【WWE】カイリがベッキーに惜敗もアスカが怒りの襲撃

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間1月20日、カンザス州ウィチタのイントラスト・バンク・アリーナにてロウが開催された。

◆カイリがベッキーに惜敗もアスカが怒りの襲撃

カブキ・ウォリアーズのカイリ・セインがロウ女子王者ベッキー・リンチと対戦した。

先に登場したベッキーはPPV「ロイヤルランブル」で対戦する強敵アスカに対して「もう私は倒せない」と自信を見せた。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合序盤、カイリがダンスを踊って挑発すると、イラついたベッキーがパンチからのドロップキックで先制。

場外戦ではアスカがレフェリーの死角でベッキーを和傘で攻撃し、さらにカイリがフライング・カブキ・エルボーを決めて攻め込んだ。

しかし、試合終盤にベッキーがコーナーのアスカを殴り付けると、捕まえたカイリをべックスプロイダーから必殺のディスアーマーを決めて勝利した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

すると試合終了直後に怒りのアスカがベッキーを襲撃。

アスカはアスカロックで締め上げるとバズソーキックでベッキーを沈めた。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

バックステージでアスカは「ベッキーはアスカに敵わない」と大一番を前に敵意を剥き出しにした。

アスカとベッキーのロウ女子王座戦が行なわれるPPV「ロイヤルランブル」は日本時間1月27日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事