【プロレスリング・ノア】「GHCのベルトを獲って、マサ斎藤さんに報告したい」 12.24後楽園で中嶋勝彦のGHCヘビー級王座に挑戦! マサ北宮インタビュー

「GHCのベルトを獲って、マサ斎藤さんに報告したい」

12.24後楽園で中嶋勝彦のGHCヘビー級王座に挑戦!

マサ北宮インタビュー

年内最終戦となる12.24後楽園で、ジ・アグレッションのパートナーである中嶋勝彦のGHCヘビー級王座に挑むマサ北宮。2016年、ノアマットで確固たる地位を築いた男が、その飛躍の一年を振り返ると共に、キャリア屈指の大一番に向けた意気込みを語った。

『GL』を終えて、ここからが勝負だと思っています
――今年は北宮選手にとって、キャリアの中でも大きな節目になった一年だったのでは?

北宮 そうですね、4月に(北宮光洋から)マサ北宮に改名して、そこからはあっという間でした。ファンの期待の高まりも感じたし、それに応えようと気持ち的にも充実していました。

――今年は改名と同時期にジ・アグレッションとして始動し、7.16後楽園ではGHCタッグ王座に挑戦。さらに9.23後楽園では初めてGHCヘビー級王座にも挑みました。そして、『グローバル・リーグ戦 2016』(以下、『GL』)では準優勝を飾ったわけですが、この一年でとくに印象深かった場面は?

北宮 やっぱり、近々ということもありますけど、鈴木みのるとやった『GL』の決勝ですね。たとえ、ベルトに挑戦しても結果的には獲れてないんで、何か一つ冠がほしい中、死に物狂いで臨んだリーグ戦で、最後まで勝ち進むことができたので。ただ、あと一歩のところでつまずいたんで、何より悔しいという気持ちが大きいです。でも、現時点での自分の力を知ることができたのは収穫だったかな、と。

――リーグ戦では丸藤正道選手や杉浦貴選手から初勝利も収めましたね。

北宮 そこは自信になりましたね。でも、次にやって負けたら、「あれはラッキーだった」ってなってしまうので、ここから先が勝負だと思います。

――そして、12.2後楽園と12.3有明をもって、鈴木軍がノアマットから去ることになりましたが、それについて思うことは?

北宮 う~ん、ノアvs鈴木軍というくくりでは決着がついたんでしょうけど、マサ北宮個人としては借りを返せていないという気持ちなので……。ちょっと、最後はあっけなさを感じるところはありました。

――北宮選手に関しては、まさに鈴木軍に食らいつくことで、徐々に存在感を発揮してきたイメージがあります。

北宮 たしかに、それで成長した部分はあると思います。だからこそ、自分は鈴木みのるに負けたままで終わったというのが、腑に落ちないというか。その溜まった鬱憤を、ノアマットでの戦いにぶつけていきたいですね。

若手時代は佐々木健介さんよりも中嶋勝彦のほうがおっかなかった
――そして今回、中嶋選手に挑戦を果たすわけですが、まず12.3ディファでの宣戦布告に至った経緯というのは?

北宮 やっぱり、決勝で負けたものの、『GL』準優勝という結果は残したし、鉄は熱いうちに打てじゃないですけど、この勢いに乗った状態のままベルトを獲りにいきたいな、と。

――北宮選手は「新生ノアの風穴をあけるのは俺しかいない!」というコメントも残していますね。

北宮 俺は常々、若い人間が出ていかなきゃいけないと言ってますけど、いま中嶋勝彦がベルトを巻いているなら、同世代の自分しかいないだろうっていうのはあったので。このまま、ほかの人間が挑戦するのを指くわえて見て、時代を逆戻りさせたくないっていう気持ちは大きいです。

――現在、各大会で中嶋選手と前哨戦を行なっていますが、その試合後に北宮選手が「いつだってそうだ。俺が杉浦とのGHC王座戦に負けたあと、中嶋がベルトを獲った。俺が『GL』決勝で鈴木に負けたあと、中嶋がベルトを防衛した」とコメントしていました。かたちとしては、中嶋選手がパートナーである北宮選手の仇を取っているというか。

北宮 そこは歯がゆいし、見方によっては相棒の尻拭いをしているわけですから。中嶋勝彦が杉浦に勝ったときも、鈴木を破ったときもセコンドで観ていましたけど、うれしい反面、情けないのと悔しいのでヘンテコリンな気持ちでしたよ。

――複雑な感情だったわけですね。少し、二人の歴史を紐解きたいのですが、そもそも北宮選手が健介オフィス(のちのダイヤモンド・リング)に入団した当初、自分と同年齢の先輩である中嶋選手はどのような存在でしたか?

北宮 健介オフィスは少数精鋭だったので、佐々木さんの次のキャリアが中嶋勝彦だったんですね。佐々木さんが「若い連中をまとめろ」ということを本人に言ってたでしょうけど、当時は若頭として凄く厳しかったですよ。いまでこそ、タッグを組んでいるときは気さくに話したりしていましたけど、当時は考えられなかったですね。

――健介イズムというか、練習に対して妥協がなかった、と?

北宮 練習もそうですし、私生活からですね。中嶋勝彦が合宿所に来ると、背筋がピーンと伸びましたから(笑)。健介オフィスは「リングを下りたら紳士たれ」というか、礼儀に厳しかったんですけど、佐々木さんは雲の上の存在なので、俺にとっては中嶋勝彦が一番おっかなかったですね。

――その関係性が、徐々に変わっていったわけですか?

北宮 そうですね。デビューが近づいてきてから、ようやくまともに口をきいてもらえるようになったというか。

――では、中嶋選手のことをレスラーとしては、間近でどのように見ていましたか?

北宮 当時はいまよりさらに若いわけですけど、臆せずに上に向かっていく姿には感銘を受けましたね。若いレスラーはこうあるべきだっていうのを、一番体現していたと思います。自分もあのファイトスタイルに感化されて、誰が相手だろうとガンガン向かっていくようになりました。

この試合について、感傷に浸ってるヒマはない
――現在、前哨戦で中嶋選手と戦っている中で、GHCヘビー級王者になって変化を感じる部分はありますか?

北宮 やっぱり、チャンピオンということはテッペンなので、ドッシリ構えているとは思いますけど、そういう部分では昔のハングリーさというか、中嶋勝彦の一つの魅力がなりを潜めているなって。食らいついていた立場から、噛みつかれるほうになったので。そういう意味では、コッチのほうはいくしかない立場なんで、勢いはあると思います。

――対戦相手として、中嶋選手の警戒する部分は?

北宮 どこからでも蹴りが飛んでくるところですね。ノアにはあんまり、そういうタイプがいないので。

――今回の王座戦は、去年の『GL』公式戦以来となりますが、そのときとはお互いに立場を変えての一戦になります。GHCヘビーを賭けて戦うという部分で、感慨深いものはありますか?

北宮 まあ、出が同じ二人で、ノアの年内最終戦のメインでベルトを賭けて戦うという部分では、思うところはあります。ただ、そんな感傷に浸っているヒマはないし、これから前に進んでいく中での一つの戦いだと思っているので。

――現在進行形のノアの戦いを見せるというか。

北宮 そうですね。思い出にふけるのはオッサンになってからでいいんで。

――健介オフィス繋がりという部分でお聞きしたいのですが、ノアが鈴木軍と最終決着戦を行なっていた12月2日に、大阪で北宮選手が敬愛するマサ斎藤さんがパーキンソン病を押して、リングに立ちました。それについて思われることは?

北宮 自分も映像や記事で観ました。やっぱり、熱くなりましたね……。マサさんはリングに生きるレスラーなんだなって思ったし、何よりプロレスを愛してるんだなと、あらためて感じました。GHCのベルトを獲ったら、ご報告したいですね。

――では、最後にこの王座戦を楽しみにしているファンへのメッセージを。

北宮 年内最終戦でベルトに挑戦することになりましたけど、ただの今年の総決算とかじゃなく、来年に繋がる戦いにしたいと思っています。やっぱり、鈴木軍が去り、団体自体も混沌としている中で、もっとリング上を盛り上げて、充実させたいという気持ちが強いんですよね。俺と中嶋勝彦なら、そういう戦いを見せられると思っています。 【終】

S席残りわずかとなりました!GHCヘビー級選手権・中嶋勝彦vsマサ北宮開催!「Winter Navig. 2016・最終戦」12月24日(土)後楽園ホール大会 大会情報
◆日時
2016年12月24日(土) 開場17:45 試合開始18:30◆会場
後楽園ホール(文京区後楽1-3-61)
【アクセス】
・JR、地下鉄「水道橋」駅、又は地下鉄「後楽園」駅より徒歩3分
・駐車場有り
保険見直し本舗様のアンケートブースを設置します
保険見直し本舗様のアンケートブースを設置。ご協力を頂いた方には非売品のプロレスリング・ノアクリアファイルを進呈いたします。
保険に関する簡単なアンケートを行っております。ご来場の方はぜひご協力をお願いいたします。
※クリアファイルはなくなり次第終了となります。
※アンケートの管理は保険見直し本舗様となります。
※ご記入いただいたアンケートに対し、サービスのご案内の連絡させていただきます。
【S席残りわずかとなりました!】好評発売中!「Winter Navig. 2016・最終戦」12月24日(土)後楽園ホール大会 チケット情報
【前売り】
S席 10,000円(残りわずか)
A席 7,000円
B席 5,000円
C席 4,000円【当日】
S席 10,000円(残りわずか)
A席 7,000円
B席 6,000円
C席 5,000円
一般立見(当日枚数限定販売) 4,000円
小中学生立見(当日枚数限定販売) 1,000円
「 Winter Navig. 2016・最終戦」12月24日(土)後楽園ホール大会 プレイガイド情報
ローソンチケット 【Lコード:35607】
ローソン、ミニストップ店頭ロッピーにて購入可能 0570-084-003チケットぴあPコード予約専用 【Pコード=594-150】
ぴあスポット、サークルK・サンクス全店、セブンイレブン全店にて販売・発券可能 0570-02-9999
http://pia.jp/te+(イープラス) http://eplus.jp/
パソコン&携帯にて予約→セブンイレブン全店、ファミリーマート各店頭にて購入可能

後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999
書泉ブックタワー(秋葉原) 03-5296-0051
書泉グランデ(神保町) 03-3295-0011
チャンピオン(水道橋) 03-3221-6237
うまい肉と麺の店 ヨネ家 03-3751-3050

★「Winter Navig. 2016・最終戦」12月24日(土)後楽園ホール大会 大会情報詳細はこちらから

~皆様のご来場をお待ちしております~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事