【ドラゴンゲート】2.7 後楽園『TRUTH GATE 2020』全試合結果 土井がKzy相手にドリームゲート防衛!トライアングルゲートはキッド・斎了・アラケンの闘龍門組が新王者に

7日、ドラゴンゲートは東京・後楽園ホールにて『TRUTH GATE 2020』を開催。

メインイベントで行われたオープン・ザ・ドリームゲート王座選手権は3度目の正直で王座に挑戦したKzyを土井成樹が貫禄の勝利で防衛を果たした。試合後、次の挑戦者を呼び掛けると同じ闘龍門世代の横須賀ススムが名乗りをあげ、大阪での防衛戦が決定した。

またメインイベント後に望月成晃がGHCタッグベルトを腰に登場。来月の後楽園ホールでR・E・Dの吉田隆司&ディアマンテ組を相手に防衛戦を行うことを宣言した。

セミの3軍対抗 スペシャル3WAYタッグマッチでは吉野正人・近藤修司の闘龍門世代組が勝利。次回後楽園ホール大会で吉野正人・YAMATO・KAI・Eita・B×Bハルク・ビッグR清水の6人によるシングルマッチを行うことを吉野が提案し決定した。

また3軍対抗で行われたオープン・ザ・トライアングルゲートは混戦の末に前王者のR・E・D組から勝利したキッド・斎了・アラケンの闘龍門世代組が新王者に輝いた。

全試合結果は下記の通り

オープニング:ドリームゲート調印式

Kzyは3度目の正直を土井は20周年を土井イヤーにするためにお互いにプライドをかけて戦うことをマイクでアピール

第1試合
Ben-K⭕️ ジェイソン・リー 問題龍
vs
Gamma 小舩賢登 亀井丈人✖️
(8分48秒 スピア→エビ固め)

第2試合

望月成晃⭕️
vs
箕浦康太✖️
(8分41秒 真・最強ハイキック→体固め)

望月が貫禄勝利も試合後に更に追撃しようとすると反撃にあう

第3試合
★闘龍門 vs DRAGONGATE

横須賀ススム 神田裕之✖️
vs
吉岡勇紀 ドラゴン・ダイヤ⭕️
(8分24秒 レプテリアン・ラナ)

最近調子のいいダイアと吉岡が次回シングルで戦うことを誓う

第4試合
★闘龍門vs R・E・D

ウルティモ・ドラゴン✖️ ドン・フジイ 堀口元気
vs
ビッグR清水 石田凱士⭕️ KAZMA SAKAMOTO
(11分8秒 セコンドのアシストから丸め込む→エビ固め)

試合終盤にウルティモドラゴンがウラカンラナにいこうとするやディアマンテがひっくり返す

ウルティモドラゴンからカウントを獲ったと石田凱士がアピールするも他人の力添えを借りてるだけだと堀口元気が反論。ブレイブゲート戦でぶつかり合うことが決定している二人の舌戦もヒートアップ

ディアマンテはスペイン語でウルティモドラゴンに覆面をかけたマスカラ・コントラ・マスカラ戦を提言

しかしウルティモは「オレがマスクを脱いだら売店でマスクを売ることができなくなる」とこれをかわす

第5試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権 ※1本目
《王者組》吉田隆司⭕️ ディアマンテ H・Y・O
vs
《挑戦者組》ドラゴン・キッド 斎藤了 新井健一郎
vs
《挑戦者組》ヨースケ♡サンタマリア✖️ 奥田啓介 ストロングマシーン・J
(14分55秒 パイナップルボンバー→エビ固め)

一本目はグリーンミストをマリアに浴びせた吉田隆司がそのままの勢いに一回転させピンフォール

第5試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権 ※決勝
《王者組》吉田隆司 ディアマンテ H・Y・O✖️
vs
《挑戦者組》ドラゴン・キッド 斎藤了 新井健一郎⭕️
(17分42秒 阪神タイガースープレックスホールド)
※闘龍門組が新王者組に

闘龍門組は3人の連携から最後はアラケンが渋く勝負を決めて久々のトライアングルゲート戴冠

第6試合 3軍対抗 スペシャル3WAYタッグマッチ ※1本目
《闘龍門》吉野正人 近藤修司
vs
《DRAGONGATE》YAMATO✖️ KAI
vs
《R・E・D》Eita B×Bハルク⭕️
(11分15秒 サウスロード)

R・E・Dにヒールターンするまえまで組んでいたYAMATOとの連携をみせるそぶりをみせたハルクだったがやはりYAMATOを裏切りあえてのYAMATO攻撃

1本目はそのハルクがYAMATOからフォールを奪う

第6試合 3軍対抗 スペシャル3WAYタッグマッチ ※決勝
《闘龍門》吉野正人⭕️ 近藤修司
vs
《R・E・D》Eita✖️ B×Bハルク
(13分36秒 トルベジーノ十字固め)

2本目は近藤修司の力を借りた吉野がEitaから執念のフォール勝ち

Eitaは負けた悔しさをビッグR清水に試合後のマイクでぶつける。すると清水は反論。R・E・Dにあわや清水がベビーターンか?どちらかの追放か?との不穏な空気が流れる

吉野は今回は近ちゃん(近藤修司)のお陰で勝てた。次はシングルで決戦や!と今回の5人+不穏な空気を作り出しイイ感じのビッグR清水をくわえた6人でのシングル戦をぶちあげる

Eitaもこれに賛同。何しろ闘龍門は吉野一人。R・E・DはEita、ハルク、清水の3人なのだから。

第7試合 オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
《王者》土井成樹⭕️
vs
《挑戦者》Kzy✖️
(24分13秒 マスキュラーボム→エビ固め)
※王者が防衛に成功

試合後、次なる挑戦者を土井が募ると名乗りをあげたのは同じ闘龍門の横須賀ススム

更に待ったをかけてリングインしてきたのは無所属の望月成晃。まさか?と思わせるも腰から見せたのはGHCタッグのベルト。このベルトに挑戦するヘビー級はいないか?と呼びかける

するとR・E・Dのテーマが流れて吉田隆司とディアマンテのヘビー級コンビが名乗りをあげる

ノアの丸藤正道から次の挑戦者を選ぶ権利を一任されている望月は丸藤を迎えて盛り上げると語る

防衛した土井は次なる挑戦者の横須賀ススムとの一戦に向けて意気ごみを述べる。デビュー20周年を迎える今年はこのドリームゲートのベルトと共に歩むと決意を語った。

1月5日ボートレース平和島

12月21日ボートレース多摩川

11月2日ボートレース江戸川

ボートレース×ドラゴンゲート特設サイト
https://dg-br.jp/
※今後のスケジュール
・2月23日(日)ボートレース戸田
・3日7日(土)ボートレース桐生

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事