【アイスリボン】2.24(月祝)後楽園大会にてオルカ宇藤と初の夫婦タッグ結成の世羅りさ「どうせなら勝ってタッグベルト挑戦にいきたい」

23日、アイスリボンの世羅りさは自身のTwitterを更新。

夫であるオルカ宇藤と2.34後楽園大会での初タッグ結成について、その後の目標を改めてツイートした。

夫婦タッグは星ハム子&タンク永井(2AW) 、柊くるみ&田中稔と3WAYマッチで対戦する。

この夫婦タッグ結成について世羅は「先日、結婚1周年を迎えました。ということで、1周年の記念とこれからの為に夫婦タッグを熱望致します。結婚してからのこの1年、お互いがお互いに負けないよう頑張ってきました。その成果をタッグという形で皆様にお見せできたらと思います。タッグの完成度によってはベルト戦線にも出ていけたらと思っております。」と結成の決定の際にコメントしていた。

Twitterでは「明日っ!明日っ!明日ーっ!!!
皆様の前で二人で並んで立つのは初めてです
わたしたち以外のタッグがちゃんと機能するとも思えないし、
どうせなら勝ってタッグベルト挑戦にいきたいよね
お揃いの指輪に加え、お揃いのベルトって最高やん」

とタッグベルト挑戦への意欲を語った。

リボンタッグ王者組の藤本つかさ&つくしはラム会長(666)&山下りなの挑戦を受けるが、この試合の勝者に夫婦タッグが挑戦するのか?

その他、同大会ではICE×∞選手権<王者>雪妃真矢 vs <挑戦者>藤田あかね、鈴季すず vs 青野未来(Beginning)の鈴季すずチリンチリン卒業マッチなど注目の試合も行われる。

アイスリボンは2020年に年9回の後楽園ホール大会を開催するが、その最初の大会として非常に注目である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事