【WWE】JBL(ジョン・ブラッドショー・レイフィールド)の2020年WWE殿堂入りが決定!


JBL (ジョン・ブラッドショー・レイフィールド) が2020年WWE名誉殿堂「ホール・オブ・フェーム」入りすることが発表された。

2020年度の殿堂者としてはバティスタ、nWo、ベラ・ツインズにつづいて第4号となる。

JBLは1998年にジャスティン“ホーク”ブラッドショーとしてロン・シモンズと共にアコライツを結成し、翌年の1999年にはWWEタッグ王座を獲得。

2000年には金かビールをもらえばどんな相手でも用心棒を引き受けるAPA(アコライツ警備保障)を開業して活躍。

タッグ解消後、2004年にはJBLに改名すると株で成功した嫌味な成金としてWWE王座を戴冠して人気を博した。

殿堂入りセレモニー「WWEホール・オブ・フェーム2020」は、米国現地時間4月2日にフロリダ州タンパベイのアマリー・アリーナで行われ、その模様は日本時間4月3日にWWEネットワークで生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事