【DDT】路上電流爆破デスマッチは大仁田厚が男色ディーノの尻を誤爆で破壊、さいたまの夜空に爆発音が鳴り響く!

11日、DDTプロレスリングはさいたまスーパーアリーナで世界初の路上電流爆破デスマッチとなる『DDT LIVE!不要不急の路上電流爆破プロレス”in さいたまスーパーアリーナ』を無観客試合にて開催した。

メインイベントにて”邪道”大仁田厚が参戦した電流爆破8人タッグデスマッチが行われ、高木三四郎軍とクーデターを起こした男色ディーノ軍との闘いとなった。

この日の第1試合後にディーノ軍に囚われの身となっていた高木を助けに来た、竹下幸之介&勝俣瞬馬&&飯野雄貴&納谷幸男に対し、ディーノは「電流爆破といえばこの方」と大仁田を呼び込み、クリスブルックス&MAOと一緒にさいたまスーパーアリーナの路上に登場。

すると大仁田が早速、掴みかかり大乱闘の展開となった。

パイプ椅子で納谷を殴打やテーブルへのパイルドライバーなど暴れまわる。

電流バットは竹下が大仁田を爆破、高木とMAOの争い中で爆破、竹下の助けに入った勝俣をディーノが爆破した。

そしてこの日4回目の爆破は竹下をクリスとMAOが抑えたところに大仁田が電流バットをフルスイングすると竹下がこれを避けるとディーノの尻に誤爆、竹下がすかさずフォールしてカウント3が入った。

敗戦に納得がいかない大仁田は松井レフェリーを襲い、さらにはこの日MCを務めたお笑い芸人のジャングルポケット・斉藤慎二さんに「電流爆破よかっただろ」と聖水を浴びせ、魂の叫びを注入した。

メインイベント 電流爆破8人タッグデスマッチ 時間無制限一本勝負
○竹下幸之介&勝俣瞬馬&&飯野雄貴&納谷幸男
vs 
大仁田厚&男色ディーノ●&クリス・ブルックス&MAO
10分11秒 体固め
※電流爆破バット誤爆

コロナウィルスの感染拡大で大会開催自粛が続く厳しい状況の中ではあるが、さいたまスーパーアリーナの路上に爆破音が4回鳴り響いた。

なお、この試合はAbemaTV生配信され4万5000視聴された。

一週間視聴可能なので是非とも見ていただき、プロレスファンの方々には元気を出して頂きたい。

チャンネルはこちら⇒gxyt4.app.goo.gl/bXZXy

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事