【新日本】3.31(火)両国大会、4.11(土)相模原大会の中止を発表

新日本プロレスは公式サイトにて3.31(火)両国大会、4.11(土)相模原大会の中止を発表した。

詳細については以下、公式サイトより

現在の新型コロナウィルス感染状況並びに感染拡大防止に向けた判断として、新日本プロレスでは引き続き、3月31日(火)両国国技館、4月11日(土)相模原市立総合体育館の2大会を開催中止させて頂くことを決定いたしました。

新日本プロレスの各大会を楽しみにされていたお客様には、深くお詫び申し上げます。

なお、今回新たに中止となった各大会のチケットの払い戻し方法に関しましても、詳細が決定次第、改めて公式サイトにてお知らせさせて頂きます。

また、4月12日以降の各大会の開催可否に関しては、状況を注視しながら発表させて頂きます。

ファンの皆様には引き続き、大変ご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。

こうした状況ではございますが、新日本プロレスでは今後も「今できること」をかたちにして発信、配信しております新日本プロレスワールドの『新日本プロレスTogetherプロジェクト』を中心に、選手・スタッフが一丸となり様々なコンテンツを提供して参ります。どうぞご期待ください。

新日本プロレスリング株式会社

<新たに中止を決定した大会>
■『SAKURA GENESIS 2020』
・3月31日(火)東京・両国国技館

■『Road to レスリングどんたく 2020』
・4月11日(土)神奈川・相模原市立総合体育館(相模原ギオンアリーナ)

大会の開催については各団体にて苦渋の決断が続いているだけに早期の事態収束を願うばかりである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事