【WWE】中邑がまさかの敗戦を喫してゼイン対ブライアンのIC王座戦が決定


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間3月27日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターでスマックダウンが開催された。

中邑真輔がサミ・ゼインのIC王座戦を巡ってドリュー・グラックと対戦した。

ゼインがダニエル・ブライアンの王座戦要求に対して「グラックが中邑に勝てればな」と条件を付けて決定したこの一戦。

意気込むグラックがドロップキックやドラゴン・スクリューで攻め込めば、中邑は2ndロープからのダイビング・ニーを叩き込んで応戦した。さらに試合終盤には中邑がフェイスバスターから必殺のキンシャサを狙ったが、グラックはセコンドのブライアンのアシストでこれを回避すると、中邑はそのままグラックのジャックナイフで丸め込まれて3カウント。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑はグラック相手にまさかの敗戦を喫し、ゼインとブライアンのIC王座戦がPPV「レッスルマニア36」で決定した。

PPV「レッスルマニア36」は日本時間4月5日、6日と2日に渡りWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事