【WWE】“女帝”アスカがアレクサに屈辱の敗戦


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間3月27日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターでスマックダウンが開催された。

因縁が勃発している“女帝”ことWWE女子タッグ王者アスカとアレクサ・ブリス(with ニッキー・クロス)が激突した。

試合序盤、アスカは「ワシに勝てると思ってますの?」と笑いながら挑発すると、アレクサは華麗なステップでアスカの攻撃を避けてエルボー連打やドロップキックを叩き込んだ。

苛立つアスカも負けじとショルダータックルを決めてふざけたダンスを披露すると、アレクサを鉄製ステップに叩き付けたが、アレクサもアスカをエプロンに叩き付けて互角の攻防を展開。

しかし、試合終盤にアレクサが再びアスカの顔面をエプロンに叩き付けると最後はDDTで止めを刺して3カウント。アスカが因縁のアレクサに屈辱の敗戦を喫した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事