【WWE】中邑&ゼインが祭典直前にブライアンを襲撃KO!

日本時間4月4日にフロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで行なわれたスマックダウン、205 Liveが配信された。

◆中邑&ゼインが祭典直前にブライアンを襲撃KO!

中邑真輔(withセザーロ)とダニエル・ブライアン(withドリュー・グラック)がPPV「レッスルマニア」直前に対戦した。

IC王者サミ・ゼインがゲスト解説を務める中、お互いを知り尽くす2人は白熱の攻防を展開。

ブライアンがダブル・ニーやミサイルドロップキックを決めて攻め込めば、中邑もセカンドロープからのダイビング・ニーやスライディング・ジャーマンスープレックスを決めて反撃。

さらに中邑がリバースパワースラムから必殺のキンシャサを狙ったが、逆にブライアンにハーフ・ボストンクラブで捕まえられてしまう。

その後も両者互角の攻防を展開したが、アーム・バーの応酬からブライアンが必殺のイエスロックを決めると堪らずセザーロが介入して試合は反則裁定に。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、セザーロがグラックとブライアンを襲撃すると、中邑がキンシャサ、ゼインがヘルヴァキックでブライアンをKO。

レッスルマニアでのIC王座戦直前に両チームの遺恨が激化した。

王者ゼインとブライアンのIC王座戦が行なわれるPPV「レッスルマニア36」は日本時間4月5日、6日と2日に渡りWWEネットワークで配信され、J SPORTSオンデマンドでは日本語実況版が4月8日、9日、字幕版が4月12日に配信開始される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事