【WWE】“ザ・フィーンド”ワイアットが祭典を前にシナに心理戦

日本時間4月4日にフロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで行なわれたスマックダウン、205 Liveが配信された。

◆“ザ・フィーンド”ワイアットが祭典を前にシナに心理戦

PPV「レッスルマニア36」で“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットと対戦するジョン・シナがエンディングに登場した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

シナは「ファイアフライ・ファンハウス戦っていったい何だ?」と“ザ・フィーンド”ワイアットが要求する対戦形式に言及すると、「でも“ザ・フィーンド”が望んでいるものは知っている。不確かさとそれで引き起る恐れとパニックだ」と対戦相手の狙いを明言した。

さらにシナは「俺はパニックにならないし、恐れない。“ザ・フィーンド”の馬鹿げたチャレンジを受けてやる」とファイアフライ・ファンハウス戦を承諾した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとリングサイドに続々とファイアフライ・ファンハウスの人形が登場して「彼が来た」と言うと、会場のバルコニーに“ザ・フィーンド”ワイアットがシナを睨み付けながら登場。

すると今度はシナの背後に突如ワイアットが現れて、決め台詞「レット・ミー・イン(中に入れてよ)」と言って姿を消した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

PPV「レッスルマニア36」は日本時間4月5日、6日と2日に渡りWWEネットワークで配信され、J SPORTSオンデマンドでは日本語実況版が4月8日、9日、字幕版が4月12日に配信開始される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事