【WWE】中邑真輔が王者ストローマンに無念の黒星


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間4月11日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたスマックダウンが配信された。

オープニングに登場した新ユニバーサル王者ブラウン・ストローマンが「チャンスがドアをノックした時、俺はゴールドバーグを倒してユニバーサル王者になったぞ」とPPV「レッスルマニア36」を振り返るとそこへ中邑真輔が姿を現した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑は「お前のドアをノックしに来たぞ」と挑発すると「お前は俺の拳を食らうことになる」と挑発を仕返すストローマンにハイキックを放って2人のノンタイトル戦が決定した。

メイン戦で2人が対戦すると中邑は華麗なステップで攻撃を避けて襲い掛かったが、ストローマンはビックブーツから中邑を場外に投げ飛ばしてそのパワーを見せつけた。

中邑もスピンキックからセコンドのセザーロがアッパーカットでアシストしたところでヒザ蹴りを放ったがカウント2。

さらに中邑が隙を突いて必殺のキンシャサを叩き込んだが、最後はこれをカウント2で返したストローマンがランニングパワースラムを中邑に決めて3カウント。中邑は王者ストローマン相手に無念の敗戦となった。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、突如ファイアフライ・ファンハウスのワイアットが現れて「取り返したいものがある。お前の肩にあるだろ」と王座ベルトを指差して王座挑戦を表明すると、ストローマンも「いつでも挑戦を受ける準備はできている」と返答した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事