【スターダム】木村花選手の逝去にTCSメンバーから追悼メッセージ ジャングル叫女「数ヶ月できる限り花のそばにいました」小波「素直で純粋な花が大好き」

23日に逝去したスターダムの木村花選手の逝去に同ユニットのメンバーがそれぞれTwitterで追悼のメッセージを送った。

木村花は2019年4月のスターダムユニット再編成イベント「ドラフト会議」にてリーダーとなり「多国籍軍(仮)」を結成。その後、ユニット名をTokyo Cyber Squad(TCS)とし、サイバー(最先端技術)を持った分隊が「いつメン(いつものメンバー)として東京から発信していく」とユニット活動をスタート。

サイケデリックで見た目が派手な個性的ユニットはスターダムに革命を起こす象徴として団体内でも屈指の人気を誇るユニットとして旋風を巻き起こし、その中でリーダーとして木村花は活躍。メンバーの小波と花がアイディアを出し、年長者のジャングル叫女がうまくなだめるという関係性もでき公私ともに活動を共にしてきた。「みんな違ってみんないい」をスローガンに「イエッサー」と呼吸を合わせ木村花の魔法にかかって登場したDEATH山さん。も不動の会場人気を誇る選手となっていた。

突然の訃報にジャングル叫女は「私も一緒に闘った。無念でなりません。綺麗な姿で送ってあげるからね」と花と一緒に見た今年の桜の映像と共にメッセージ

小波は「わがまで言うこと聞かなくて 本当に迷惑ばかりかけられたけど よく笑って、よく食べて 誰よりも素直で純粋な花が大好きです。」と愛情を示し

DEATH山さん。は木村花がDEATH山さん。化して一緒にタッグリーグを戦った時の思い出の写真等をアップして追悼の意を表明している。

▼ジャングル叫女

▼小波

▼DEATH山さん。

ユニットの絆を元に木村花の意志を大切にしながらTCSの今後がどうなっていくのか、見守っていきたい…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事