【AEW】5.27 AEWダイナマイト<全試合結果>マイクタイソンが登場でクリスジェリコらと大乱闘!TNT王者コーディへの挑戦権をかけたバトルロイヤルにジャングルボーイが勝利!志田光もAEW女子王者として勝利

現地時間5月27日(日本時間28日)米国にてAEW DYNAMITEの34回目放送が行われた。

PPV「ダブル・オア・ナッシング」の立会人も務めたマイク・タイソンが2010年に対峙したクリス・ジェリコの前に登場。インナーサークルとタイソン軍団が大乱闘となり10年ぶりの抗争勃発。タズを携え登場したブライアン・ケイジが勝利し解説席のジョン・モクスリーとの対決まで待ったなし!

PPVでAEW女子王者を戴冠した志田光は順当に勝利。コーディもTNT王者として来るもの拒まずの姿勢をマイクでアピール。タッグマッチに勝利したキップ・セイビアン&ジミー・ハボックがAEWタッグ王座への次期挑戦権を獲得した。

メインイベントのTNT王座挑戦者決定バトルロイヤルに勝利したジャングルボーイがTNT王者コーディへの挑戦権を獲得した。番組終盤にクリス・ジェリコらインナーサークルがPPV敗戦の労を労わる決起集会を実施するもそこにマイク・タイソンが登場した。

各試合結果と動画は下記の通り

第1試合 6人タッグマッチ
マット・ハーディ&ヤングバックス〇
vs
ジョーイ・ジャネーラ&プライベートパーティー✖
※モアバングフォーユアバック

※試合後にブッチャーとブレードがヤングバックスを襲撃。するとFTR(元WWEのリバイバル)が登場し救出に入る。FTRがブレードにスパイク・パイルドライバー。ブッチャーにヤングバックスがダブルスーパーキックしてのFTRのシャッターマシーンが炸裂。

第2試合 シングルマッチ


〇ブライアン・ケイジ(withタズ) vs リー・ジョンソン✖
※ジョン・モクスリーがゲスト解説席に

※ドリルクロー
※勝利したブライアン・ケイジがタズのマイクでモクスリーを挑発

第3試合 女子シングルマッチ

〇志田光 vs クリスティ・ジェインズ✖

※ファルコンアロー

◆コーディへのインタビュー◆

初代TNT王者コーディがベルトを手にしてが登場。何発もの花火が打ちあがる。インタビューに答える形でマイク。

毎週タイトルッチの準備はできている。自分がチャンピオンでいる限り誰の挑戦でも受け入れる覚悟だと話す。まだパンデミックの真っ最中。毎週AEWの2時間に全力を尽くすのが自身の義務だとメッセージ

第4試合 タッグマッチ
キップ・セイビアン&ジミー・ハボック(withペネロペ・フォード)
vs
フランキー・カザリアン&スコーピオ・スカイ✖

※合体攻撃(ドロップキック&みちのくドライバー)
※キップ・セイビアン&ジミー・ハボックがAEWタッグ王座への次期挑戦権を獲得

第5試合 TNT王座挑戦者決定バトルロイヤル
MJF、ウォードロウ、ルーサー、ピーター・アバロン、ブランドン・カトラー、クリストファー・ダニエルズ、〇ジャングルボーイ、ルチャザウルス、マルコ・スタント、サニー・キッス、コルト・カバナ、ビリー・ガン、オレンジ・キャシディ

※キャシディは試合前にサンタナとオルティズに急襲される
※ルーサー、サニー・キッス、コルト・カバナが脱落。アバロンとカトラーも脱落する。
※最後の4人に残ったのはMJF、ウォードロー、オレンジ・キャシディ、ジャングルボーイ。MJFの攻撃がウォードローに誤爆。オレンジ・キャシディとジャングルボーイも協力しMJFとウォードローを場外に落下させる。最後はジャングルボーイがハリケーンラナでオレンジ・キャシディを場外に落として勝利し、ジャングルボーイがTNT王座への挑戦権を獲得した。

◆インナーサークルが決起集会◆

※PPV「ダブル・オア・ナッシング」でジ・エリートに敗れてしまったインナーサークルが慰労会をリング上で開催。
クリスジェリコの仕切りでスタート。PPVで勝利を祝うはずだったTシャツをリングの外へ次々と投げる。他にもグッズを漁りながら、ゲバラがジェリコに「本当にしたいことはなんだ?」と聞くと、ジェリコはマイク・タイソンに2010年に受けた屈辱を忘れないと返答。リベンジを誓っていると当のマイク・タイソンが登場。

にらみ合うインナーサークルとタイソン軍団

謝罪を要求するジェリコ。タイソンは笑みを称えながら話を聞いていたが、Tシャツを破り捨てジェリコとの胸を突き押す!

ジェリコの反撃から両軍入り乱れて乱闘に。AEWロースターも止めに入るも乱闘は収まらず、大混乱の中、番組は終了。

果たしてタイソンとジェリコの因縁は今後どう展開していくのか?目が離せない!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事