【東京女子】若手の舞海魅星を退けた山下実優が有観客興行スタートに前を向いた!

東京女子のエース格である、山下実優(25)が有観客興行の再開に前を向いた。

5月31日、「OPENREC.tv」(CyberZ社提供)を使用したオンライン興行「TJPW PPV SHOW~全力エール~」(無観客試合)が開催され、オープニングマッチに登場した山下は、デビュー1周年を迎えた舞海魅星(20)とシングルマッチで激突。

前半はグラウンドでのレスリングの攻防となり、舞海も食らいついて互角の展開。5分過ぎ、舞海はドロップキック、ラリアット、バックドロップと怒涛の攻めを見せたが、山下はフォールを許さず。

最後は一瞬の隙を突いたバックスピンキックを決めて、3カウントを奪った。

山下は「結構、間隔が開いて、いろんな試合を見る機会があって、自分に足りないところに気付いた。試合のスパンが開いてて、不安もあったけど、案外感覚があって、すぐに戻ってきた。基本家にいたんですけど、嫌いだったランニングをよくやって、気分転換になった。(通常興行再開で)お客さんが入ってくれると、感覚も変わってくる。お客さんの声援が恋しい。早く試合がしたい」とコメント。

善戦した舞海に対しては、「彼女のバックボーンは柔道で、レスリングは楽しかった。一発一発が強い。技術はまだまだで、(技を)出すタイミングを考えないといけないけど、がんばってほしい。(フィニッシュの)バックスピンキックは、相手が『悔しい』と思う技だから出した」と振り返っていた。

TJPW PPV SHOW~全力エール~
【日時】2020年5月31日(日)
【会場】OPENREC.tv

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○山下実優 vs 舞海魅星●
7分57秒 体固め
※バックスピンキック

▼第二試合 20分一本勝負
○天満のどか&愛野ユキ vs 上福ゆき&猫はるな●
10分0秒 片エビ固め
※キルスイッチ

▼第三試合 15分一本勝負
○ハイパーミサヲ a.k.a マックス・パサ vs 桐生真弥●
7分36秒 体固め
※ハイパミ・リターンズ

▼第四試合 15分一本勝負
○乃蒼ヒカリ vs 汐凛セナ●
6分25秒 片エビ固め
※裏投げ

▼第五試合 20分一本勝負
○伊藤麻希 vs 白川未奈 vs 原宿ぽむ●
8分17秒 伊藤スペシャル

▼セミファイナル 20分一本勝負
辰巳リカ&○渡辺未詩 vs まなせゆうな&らく●
11分15秒 片エビ固め
※ティアドロップ

▼メインイベント 20分一本勝負
○坂崎ユカ&瑞希 vs 中島翔子&鈴芽●
8分51秒 片エビ固め
※魔法少女スプラッシュ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事