【新日本】オカダ「今日の一歩が大きな一歩だったねと、言えるようになるんじゃないかなと思います」

110日ぶりにメインの6人タッグに登場したオカダがバックステージでコメント。

2020年6月15日(月) 19:00開始

■第6試合 30分1本勝負
SHO  YOH⚫︎ オカダ・カズチカ
vs
高橋ヒロム 鷹木信悟 内藤哲也〇
14分17秒(デスティーノ→片エビ固め)

オカダ「お客さんがいようがいなかろうが、リング上の闘いは何も変わらないんでね。まあでもこうやって、110日ぶりに試合ができたということは、小さな一歩なのか、大きな一歩なのか、それを決めるのはまだ誰もわからない。でも、これから僕たちがしっかりやっていくことによって、今日の一歩が大きな一歩だったねと、言えるようになるんじゃないかなと思います」

──率直に無観客での大会でしたけど、カメラの向こう側のファンを強烈に意識した闘いだったんでしょうか?

オカダ「正直、お客さんがいてもいなくても、オカダ・カズチカっていう……まあオカダ・カズチカっていうか、新日本プロレスのレスラーにはお客さんがいないからどうとか、そういうレスラーは一人もいないと思うから。何も変わらず。違ったらここまでの汗をかくような熱い試合もできないと思いますし、まあ何も変わらず、プロレスはプロレスだなっていう。

何も変わってなかったし、3カ月半経とうが、僕たちは本当にリング上で生きているというか、リングに上がってないと息ができてないような感じだったので、苦しい状態が続いていましたけど、こうやって自由に息ができるようになったので、まだまだ大変な状態ですけど、それを気をつけていって、『新日本プロレス、さすがだね』って。

スポーツ界やエンターテインメント界、みんなから『さすが新日本プロレス。今日の1日は良かったよ』って言ってもらえるようにこれからもしっかりやっていきたいと思います」

※写真提供:新日本プロレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事