【新日本】オカダが永田を締殺!「“NEW JAPAN CUP”優勝してベルトを獲るのがボクの使命です」

オカダが永田を締殺!「“NEW JAPAN CUP”優勝してベルトを獲るのがボクの使命です」

◆第5試合 時間無制限1本勝負
「NEW JAPAN CUP 2020」2回戦
○オカダ・カズチカ
vs
×永田 裕志
20分14秒 変型コブラクラッチ

試合後、オカダがリング上でマイクを手に取り実況席にいる野上慎平アナウンサーに呼びかけた。

オカダ「久しぶりでどんなこと言っていいか、忘れてしまいましたけども、いつもは会場名をここで言うんですけども、言えないんでね。会場非公開!! まあ、こんな空気なるよね。永田さん、オッサン言ってすいません。永田さんは、おじさんでした。まあさ、ここでしゃべっても、裏でしゃべってもいっしょなんだからさ、野上アナ、久しぶりにやりましょうよ、勝利者インタビュー。そっから聞こえるんで」

――オッサンだっておっしゃいましたけども、どんなおじさんでしたか?

オカダ「まあね、まあ、ダンディなおじさんなんじゃないですか。まあほんとに、いろんなおじさんいますけど、今日の永田さん見て、カッコいいと思わない人、いないでしょ。そんなダンディな。カッコいいって言うとちょっと違うと思うんで。ダンディな永田さん、おじさんでした」

――かつて永田さんの付け人を務めてました。新日本プロレスとは何かをその時教わったという話も聞きました。今の新日本をオカダ選手が永田選手に、永田裕志に刻んでやろうっていう、そんな意識はあったんですか?

オカダ「そうですね、やっぱり、今の新日本プロレスっていうのを、永田さんとは8年前にレインメーカーとして帰ってきて、シングルマッチ2回目なんで、やっぱり今の、トップの新日本プロレスっていうものを感じてもらって、今、別に、永田さんは、あきらめたとは思ってないですよ。絶対、オレらと一緒にまたやってやるんだって、思ってると思うんで。僕はいつでも胸貸しますんで、永田さん全然、かかってきてください」

――永田さんも新日本プロレスだけじゃなくて、業界の大黒柱はオカダ・カズチカだとおっしゃってました。(IWGPヘビー級の)ベルトはありませんけども、ご自身でもそう感じてらっしゃいますよね?

オカダ「俺しかいないでしょう。新日本プロレスだけじゃなく、プロレス界、俺しかいないし、俺がやらないとダメだと思います。だからこそ、この『NEW JAPAN CUP』優勝して、ベルトを獲るのが、僕の使命です。それが、永田さんとか、そういう先輩たちにお見せする、今の新日本プロレスなのかなと思います」

――あくまでも目標というか、この『NEW JAPAN CUP』の先に見ているのは一つですね?

オカダ「そうですね。まあ、ふたつ持ってる人いますけど、僕が目指すものはひとつだと思ってます」

――ありがとうございます。また、永田選手との闘いを楽しみにしています。

オカダ「ありがとうございます。というわけで、久しぶりにはこんなこともあっていいんじゃないかと思います。最後にひとつだけ言わせてください。特にありません。というわけで、また次、会いましょう。今日はどうもありがとうございました!」

※写真提供:新日本プロレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事