【新日本】オカダが変形コブラクラッチで石森に勝利!『NEW JAPAN CUP 2020』準決勝でヒロムと対決!

新日本プロレスは2日、シングルトーナメント戦の『NEW JAPAN CUP 2020』準々決勝を無観客で開催した。

第4試合で、前年度覇者の”レインメーカー”オカダ・カズチカがBULLET CLUBの石森太二と闘龍門出身同士が対決。

身長191cmとオカダと163cm石森の身長差28cmとへビー、ジュニア、ヤングライオンが出場した今大会ならではの試合は、石森が場外へのムーンサルトアタックや串刺しジャンピングダブルニー、外道の介入などで攻め込む。

しかしオカダもドロップキックでペースを掴むと変型コブラクラッチでギブアップを奪って勝利した。

NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020
日時:2020年7月2日(木) 19:00開始

第4試合 時間無制限1本勝負
「NEW JAPAN CUP 2020」準々決勝戦
○オカダ・カズチカ
vs
●石森 太二
16分52秒 変型コブラクラッチ

7月3日(金)「NEW JAPAN CUP 2020」準決勝戦でオカダは、内藤との2冠戦を狙う高橋ヒロムと対戦する。

写真提供:新日本プロレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事